二世帯暮らし
e0036931_15192741.jpg

昨日庭をうろついてたら見つけた、
いつの間にか植えられてたキンカン。(汗)
お母さんらが植えたらしいんだけど、
そこ本当は花壇作ろうと思ってた位置だったのに~~
聞いたら、
門柱の真横にもハナミズキの挿し木が植えられてる。
確かに門柱横に木植えようって言ってたけど、
もうちょっとこう、なんて言うか~
門柱より一歩下がった感じで植えたかったのに~
これが自分の親だからまだ「もぅ~(怒)」で何とかリコと親の間では解決というか、
しょうがないなって感じで終わるけど、
親とSちゃんってなったらまた別だよね。
Sちゃんとしてはなんで俺に相談もなしに?って思うかもしんない。
事後報告になったけど世帯主であるパパに、
「おかんらがきんかん植えちゃったみたいだけど…ごめん。いい?」
って渋々メールしたら、
「いいも何ももう植えちゃっただら」 ('A`)
って返ってきた。
だよね。
Sちゃんは基本やさしいし心が広いから、
嫌でもしょうがないなって思って許してくれることも多いけど、
でもやっぱりしょうがないなで許されない場合だってあると思う。
二世帯とは言え世帯主はSちゃんなんだし、
庭も玄関前も共有スペースなんだから、
お互いそういうのは相談するようにして欲しい。
って、ここに書いてもしょうがないんだけど!
なんかうま~く言う方法ないかな。

前に、引っ越して1ヶ月くらいの時、
駐車場は家の前に1台リコが停めて、
あとは借りてるさら地にお父さんお母さんSちゃんが3台並べて置いてたんだけど、
最初に停めることになるお母さんが1番右端でもない、真ん中でもない、
微妙~なとこに停めるから、
左端にお父さんが停めた後Sちゃんが帰ってくると、
間に入れないし右端にも停めれないってことが何度かあって、
それをお母さんにやんわり、
「ごめんだけど、Sちゃんがこの頃停めるとこないらしいだよ。
 お母さん、右端に止めたいのか真ん中なのかどっちか決めてやぁ。」
ってリコが言ったら、
「別にどこだっていいよ、おかんは」
「どこだっていいなら決めてよ~
 狭いんだし、お父さんとSちゃん停めれるように考えてる?」
「気にしたことないけど」
「気にしたことないって…気にするのが普通じゃない!?
 3台みんな停められるようにって気にして停めない!?」
って言ったら、上から目線ぽかったのがカチンときたのか、
お母さんプッツンで、大ゲンカになったことあって。 ('д`)
いまだにその時どうやって言えばよかったのか、謎という…

お母さんは悪気があるんじゃなくて、
なんて言うかあんまりよく考えない感じなんだよね。
でも親だし、子供であるリコが注意するのも難しいし、
かと言って遠まわしに言い過ぎると、全く伝わらなかったりするから、
ほんっと難しい。
リコはまわりに気にしすぎじゃない?ってくらい、
あっけらかんに見えて、まわりの顔色とか気にしすぎることがあるから、
Sちゃんと両親の間で、
なんとも言えない気持ちになったりする。
まぁこういうのは、同居や二世帯暮らしには付き物なんだろうけどね。

とにかくせっかくSちゃんが、
リコの両親と一緒に住んでくれているのだから、
両親はSちゃんに感謝を、
うちらはいつもみーたんのことや他色々なことで助けてもらって甘えてばかりいるんだから、
両親へ感謝して、
お互いそういう感謝と思いやりを忘れずに、
仲良く暮らして行きたい。
これから長年住んでくとそういうのが薄れることもあるかもしれないけど、
ことあるごとに思い出して、
とにかくみんなが気持ちよく暮らせるようにしたい。

って書いてて、なんかリコおじいさんみたいじゃない?
あはは。 (ノ∀`)
キンカン1本を見て、何となくそう思ったリコじいさんでした。

愛犬チョコたちは、
大工のお兄ちゃんに立派な犬小屋兼倉庫を建ててもらって、
元気に暮らしてるよっ!
e0036931_15191260.jpg

[PR]
by rikochun | 2010-03-16 23:01 | 日常
<< 「もっと」 初恋? >>