カテゴリ:ペット( 17 )
チビ
写真見ながら「なんでお父さん長靴?」って感じだけど、
今日は、叔母さんの3回忌でした。

今おうちを建ててくれてる叔父さんの奥さん、
みーたんがまだおなかにいた妊娠中、
9月に突然亡くなった。
40歳という若さであまりにも突然だった。

実は今月初めに、
おばあちゃんちにいたポメラニアンのチビ…
実家にいるチョコと、
もうお空に行ったみるくとの子がね、
死んじゃったんだ。
チョコより若いんだけど、
エサを食べなくなって、
病院行ったら病気が見つかって、
手術すれば助かるかもしれないし、
もしかしたら手術しても助からないかもしれないって言われて、
それでもおばあちゃんは、
家でつらそうなのに何もしてやれないのはイヤって、
手術を選択して、入院してたの。
でも経過がイイと聞いてたのに、
病院でひとり死んじゃったんだよ。
それ聞いてみーたんとおばあちゃんちに駆けつけて、
おばあちゃんちの裏の山にお墓を作った。
チビすごい元気で人なつっこかったから、
みーたんにもピョンピョン飛びついてただよ。
それなのに目を閉じたままで動かないから、
「ワンワン?」ってみーたんは不思議そうだった。

2年前にロッキー、みるく…と亡くして、
チビ。
お母さんに逢えたかな?
逢えたよね。
寂しくないね。

こういう時必ず思い出して、
何度も読み返してしまう虹の橋の詩。

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。
それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮らしたことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

[PR]
by rikochun | 2009-09-12 15:23 | ペット
おさんぽ
e0036931_10281276.jpg

午後ぐうたらしちゃったから、
夕方実家来て、チョコに付き合ってもらっておさんぽしてきた~
おさんぽが大好きなのに、
いざ行くと外を怖がって全然歩こうとしないチョコ。
地面に置いてもすぐ抱っこ抱っこ!なのだよ、いつもは。
それが今日は「おさんぽ行くよ!」とも言わずに、
おさんぽ!!おさんぽ!!って興奮してない状態で連れてったら…
普通に一緒に土手をトコトコ歩いてくれた。 (。・∀・。)
今日はチョコのおさんぽじゃなくてベビのためのおさんぽなのよってリコもすたすた歩いてたら、
道草食ってたチョコがそれを追いかけるように走りよってきて、
隣に寄り添いながらトコトコ。

最近うちの両親に「チョコ、リコが赤ちゃん産んだら今までみたいにかわいがってもらえなくなるかもよ~」って言われてるんだけどね、
おなかにリコやお母さんが話しかけてるのを、
すっごい不思議そうにキョトンとして見るのだよ。
「え?誰に言ってるの?」みたいな。
それがなんかめちゃんこおもしろい。 (っω`*)
[PR]
by rikochun | 2008-02-12 18:27 | ペット
犬の咳
e0036931_918324.jpg

実は水曜日にチョコの具合が悪いというのを聞きつけ、
夜お見舞いに行ったのだよ。
なんか右目の白いところが真っ赤になっちゃって、
咳みたいなのしてるって。
夕ご飯の支度終わった後急いで行ったんだけど、
全然元気なくて、もう切なかった……。
白目が赤いなんて、一体どうしたんだろう。
エサ食べたり水飲んだりした後咳き込むチョコ。
なんかつまってるみたいな咳で、カーッって感じですごく苦しそう。
色々調べてみたけどよくわからないし、
とにかく病院に連れて行きたいけど、
翌日の木曜日はかかりつけ医がお休みとのコト。
最初リコのそばに座って、じっとリコを見ながら何かを訴えてたけど、
そのうちハウスの中に戻って、ひとりで寝てしまった。
ホント元気ない。

昨日も変わらず咳はしてたみたいで、
今日になってチョコのかかりつけ医の動物病院に電話して予約したけど、
それを言ったらお母さんが猛反対。
「そんな、病院行っても薬くれるだけだよ!
 犬になって自然治癒力あるんだから、
 薬でどうにかしたってしょうがないし、
 だいぶ目の赤いのも薄くなってきたし、
 食欲もあるし、元気だから大丈夫」
犬の病院は当然保険も効かないし、めちゃくちゃ高いらしい。
お母さんは「心配ない」って言うけど、
今までミルクもロッキーも体調悪くなったまま、
結局そのまま亡くなっちゃったじゃんか。
それが結構トラウマになってたりする。
チョコが死んじゃったりしたらどうしよう。
ミルクのおなかから生まれた時からずっと、
子供のようにかわいがってきたチョコ。
リコのコト大好きなチョコ。
失いたくない!!
顔見るまで、心配でしょうがない。
そんな感じでやきもきしてたら、
お仕事中お母さんが1通のメールをくれた。
この上の写真が添付されていて、
タイトルが「ぼくは元気だよ^^」というメール…
。・゚・(ノд`)・゚・。
何だか知らないけど、泣けてきたよ。

お仕事終わってから、雨の中ソッコーで実家に行ったら、
リコ来たぁぁぁ!とばかりに大喜びで、
リコがお見舞いに買って持ってきてた、
ペディグリーチャムの肉が入った袋をくんくん。
大はしゃぎ。
あれ…?
寝込んでるじゃなかっただ? (*゚Д゚*)
ちょっと拍子抜けしたけど、
水曜日よりは元気になったみたいで、ホントほっとした。
充血してた部分も薄くなってたし、
咳もまだ止まってはないみたいだけど、こないだよりはだいぶイイ。
あれからリコもとことん調べたけど、
ポメラニアンみたいな小型犬に多い、
気管虚脱ってヤツかもしれないよ。
吠えすぎだったりよく興奮するタイプだとさらになりやすいみたい。
気管の一部がつぶれてしまう病気なんだって。
そうなってしまった場合治しようがなくて、
あまりひどいようなら手術して気管を器具?で補強みたいなのしたりするらしいけど、だいたいは症状を進行させないように、
あまり吠えさせない&興奮させないように気をつけるくらいだって。
チョコもそれかな?

普段固形のエサなんだけど、
今日はリコがお見舞いにやわらかい肉を持ってきたモンで、
肉と固形のエサを混ぜて出したら、
チョコもチロルも先に肉の方をたいらげて、
食べ終わった後もエサの器をひたすらなめてた。
2匹とも。 (´∀`)
それにも笑えたんだけど、
その後今度はお互いに、チョコがチロルのエサの器を、チロルがチョコのエサの器をなめにいってて爆笑したよ。
お互い、お互いが残してないかチェックしたかったんだね。(汗)
そこまでするくらい気に入ってくれてよかったよ。
とにかくチョコがちと元気になってよかった。
ホントよかった!!!

お母さんもなかなか風邪治らないみたいだから、
早くよくなって欲しい。
急に寒くなってきたからホント風邪には気をつけなきゃだよ!
[PR]
by rikochun | 2007-10-19 20:18 | ペット
警戒
e0036931_9485393.jpg

お買い物から帰ってきた後、実家でご飯。
Sちゃんも一緒だよ!
今日はさんまの塩焼きとお母さん手作りの茶碗蒸しにサラダ、おくらの和え物などなど栄養満点なものがイッパイ。

お食事中、チョコとチロルはずっとハウスの中だったんだけど、
延々とチョコが吠えてた。
チョコって家族の間だけではすっごいイイコでかわいいのに、
人見知りが激しすぎて、
何度も顔見てるはずのSちゃんにまだ吠えるんだよね。
チロルはすっかりなついてるのに。
ご飯が終わった後「チロルだけ出してあげな」と言われる始末…
かわいそうだからチョコも出したら、
ワンワン吠えて、怖がってるくせに、
チロルと親しげに遊んでるのが気になるのか、
Sちゃんの背中の後ろに座るチョコ。(意味不明)
これだからなかなかSちゃんを実家に招待できない。 ( ノД`)
思えば実家でSちゃんがご飯食べたのって、2度めかも。
でもだいぶ慣れてきたのか、吠えたのは最初とSちゃんが笑った時だけで(なんで俺が笑うのが気に入らねぇんだ!?BySちゃん)、後半は静かにしてたよ。
そのくせSちゃんが帰ろうとしたらまた帰るな!と2匹で吠えまくる。
もうちょっとイイコでいてくれたらなぁ…

上の写真なんてめちゃんこかわいいのに。
[PR]
by rikochun | 2007-09-30 22:48 | ペット
お葬式
ロッキーくんのお葬式。
天気はくもりでした。

お父さんとお母さんに迎えに来てもらって、
リコと妹も車に乗って、ロッキー連れて火葬場へ。
氷を入れた段ボールに入ったロッキーを見た瞬間、
また涙が止まらんくなったよ。
でも、お父さんたちが「大往生」だと言った。
そうだよね。
ロッキー、ホント幸せな人生だったと思う。
イッパイ一緒に遊んだモンね、キャンプとか川とか海とか、
イッパイお出かけしたモンね。
そう思う反面、
もっと何かできたんじゃないか、
もっともっと遊んであげれば良かった、
そんな思いが止まらなくなる。

立派な骨壷を買って、
ロッキーをお願いしますと頭を下げて、
それから待合室では、4人でロッキーとの思い出について話したよ。
みんな、「よくがんばったよね」なんて話してるのに、
リコは途中からまた悲しみが襲ってきて、
とにかくずっとわーわー泣いてたよ。
ペットの死は本当にツライ。
かわいがった分、一緒にいた分、ツライ。
眠るように虹の橋へ行ったロッキー、
その時一緒にそばにいてあげられなくてゴメンね。
今までホントにありがとう。
大好きなロッキー、また逢おうね。

日記を書いている今は、
実際にお葬式があってからもう数ヶ月も経った後だけど、
やっぱり街でシベリアンハスキーを見ると、
ロッキーのコトを思い出して、また泣けてくるよ。
ミルク、ロッキー、チャッピー。
みんな、ずっと見守っていてね。
仲良くするんだよ。
[PR]
by rikochun | 2006-12-17 16:04 | ペット
みるちゃん
e0036931_0185391.jpg
みるちゃん、元気ですか?
おうちのパソコン整理してたら、
みるちゃんの写真がたくさん出てきたよ☆
[PR]
by rikochun | 2006-06-04 00:22 | ペット
コスプレ
e0036931_924248.jpg

花嫁の予行練習のチョコ。
「ここで、新婦入場でOKだよね?」
黄色のドレスもばっちりだ。




って、オイラ男だし!!
しかもコレどう見てもカーテンだろっっ!
w(゚o゚)w
なんの意味があるのか、
たまにベランダから出てきてそのまま、
こんな格好でボケ~っとしてる時がある。
理由は不明。

ちなみにチョコは、
服とか着るのが実は好き。
「服着るかー」って言うと、
服の袖が通るように先に右手を上げ出す。
赤いパーカーが1番お気に入り。
この黄色のドレスと言い、コスプレ好きか…!?
[PR]
by rikochun | 2006-03-26 19:24 | ペット
にゃんこ
e0036931_10394559.jpg

猫になったチョコタン。
今のリコの携帯の待ち受け画像、
にゃんこチョコ。

みるちゃんがいなくなったのに、
チョコたちは何ともない様子だから、
お母さんが「冷たいヤツだな」ってすねてたけど、
動物はもしかしたら、仲間はいつか死ぬものだと思ってるから、
人より死を受け止められるのかなと、
何だか勝手にそう思った。

でも前におばあちゃんち行った時、
たぬきが道路で死んじゃってて、
車にひかれたんだろうなぁ…って思ってたら、
帰り道にまた通ったら、
そのたぬきの近くでもう1匹のたぬきがひかれて死んでたの。
きっと死んじゃったたぬきのそばに来て、
どうしたのってやってる時に車が来たのかなと思ったら、
とても切なかった。
[PR]
by rikochun | 2006-03-25 23:39 | ペット
みるちゃん
e0036931_16594915.jpg
コメントくれた方、ありがとう。
みるちゃんは翌日お葬式をしました。
リコがお仕事だったから行けなかったけど、
お母さんがひとりで行こうとみるくを車に乗せていたら、
チョコが突然無理やり玄関から飛び出してきて、
車に乗り込んだんだって。
お母さんとの最期のお別れをしたかったのかな。
そんな話を聞いたら、また泣けてきたよ。

思い出すとすぐ涙が出ちゃうんだけど、
その度に虹の橋にいるんだと言い聞かせてる。
みんなのくれた言葉を思い出し、言い聞かせてる。

お母さんが、
みるちゃんの里親のおうちに報告した方がいいかなって言ってたけど、
そういう場合どうするのが1番いいのかな?
[PR]
by rikochun | 2006-03-24 23:58 | ペット
虹の橋
e0036931_14465196.jpg
平成18年3月23日、
みるくが天国へと旅立ちました。

10年間ありがとう、みるちゃん。
一緒に遊んだりお散歩行ったり、
悲しい時はそばにいてくれたり、ケンカしたり…
たくさん思い出くれた。
小さな体なのに赤ちゃんを2回も産んで、
チョコたちにも逢わせてくれたね。
いっぱいいっぱいありがとう。
最期までホントにがんばり屋さんだったね。
みるくは食いしんぼのチョコと違って、
チョコたちにエサを食べられても怒ったりしなくて、
なんかいつものんびりしてて、
それでも「お母さんどこ行った?」って言うと台所に探しに行ったり、
「お父さん帰ってきた?」と聞くと玄関まで行ったり、
「ロッキーいるかね?」って言うと、
ベランダまで出てロッキーの小屋見に行ったりしたね。
みるちゃん、ロッキー大好きだったモンね。
リコたちの言葉が1番わかる、
おりこうさんで世話思いでやさしいお母さん犬だったよ。
でも唯一悪いとこは神経質なとこで、
リコと一緒にこたつでお昼寝してる時、
ちょっとリコが寝返り打ってこたつ布団が動くと、
キャンキャン言って怒って騒ぎ出したりしてさ。
いっつもそうだっけじゃん。
あんまりうるさいからリコも怒ってお布団バタバタやると、
お布団にかみついてひとりでギャーギャー言って、
「もう別々に寝るか」って怒ってリコがこたつの別の場所行くと、
怒りながらついてきて、また一緒に寝たりしたね。
あとベランダの窓が10センチくらい開いてないと気がすまないとかで、
冬とか寒い日にバン!って閉めると走って窓の前行って、
ウーウー言い出して、
お母さんがしょうがなく開けるはめになるんだけど、
リコがみるく寝てる間にそーーっと閉めたりすると、
何も音たててないのに、
ホントに寝てたのかよってくらいの勢いで起きてきて、
またウーウー言って…そんなコトいっぱいあったよ。
ここに書ききれないくらいたくさんあった。

きっとみるくは今虹の橋にいて、
チャッピーと一緒にいるから何も寂しくないよね。
Sちゃんが、みるくはチャッピーとリコとSちゃんの秘密の話とかしてるんだって言ってたよ。
だから何も悲しいコトじゃないって。
泣いたらダメだよ。
10年間みるくはリコのおうちでたくさんの時間を過ごして、
思い出いっぱい作って、
家族やチョコやチロルたち大勢にかこまれて、
幸せな日を過ごせたから。
そのコトをどこへ行っても忘れずに、
ずっとずっと元気でいてね。
チャッピーにあまりリコの秘密をしゃべらんようにね。
今までありがとう。
[PR]
by rikochun | 2006-03-23 21:45 | ペット