<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ドレス決定
今日、ずーっと悩んでたドレスがやっと決まり、
迷ってたドレスショップも片方に決め、契約してきた。
カクテルドレスは、
お母さんが1番着て欲しいって言ってたドレスにしたよ。
お母さんの気持ちを大事にしたかったってのもあるけど、
だいぶいろんな色のカクテル着てきたけど、
写真で何度も見てると飽きちゃうのに、
お母さんのお気に入りドレスはなぜか飽きなかった。
すごい変わったドレスだよ。
デジ日記を見てくれてて、リコの結婚式に来てくれるお友達もいるからどんなドレスかはナイショだけどね。 (・∀・)テヘ
お母さんがお気に入りのドレスがある方のショップで、
いまいちウエディングドレスがこれってものがなかったんだけど、
それも今日ひとめ惚れみたく見つかって大満足☆
お母さんもうれしそうだった。
土曜日もう片方のショップで契約寸前だったけど、
Sちゃんが「お母さんに相談してから」って言ってくれたおかげ。
諦めてた予算も希望の額近くまで下げてもらえたし、
交渉してくれたSちゃんに感謝しんといけんね。

ドレスショップを出る頃、
残業を終えたお父さんまで駆けつけてくれて、
またおかんとおとうとSちゃんとリコ…と総出になったw
なんかうれしかった。
ご飯でも食べて帰ろうかと思ったけど、
おかんはお仕事で早朝早いし今日のところはイイにして、
Sちゃんと2人でご飯食べ行った後、
貯コインがあるゲーセンにちょっと行ってきたよ。
貯めてあったコイン400枚くらい全部使って、
すっからかんで帰ってきたけんね!! 。・゚・(*ノД`*)・゚・。
マリオカートは今日も奇跡的にSちゃんに勝てたよ!!
今6戦2勝だに。

e0036931_11341631.jpg

そう言えばこのゲーム知ってる?
ラスベガスにあるみたいなゲーム。
(ラスベガス行ったこんないけど)
これでこうやって↑かけるのがSちゃんと流行ってる!
前来た時手持ち20枚くらいのコインしかなかったのに、
リコ当てまくって500枚くらいになったよ。
ラスベガス行って本物やってみたいのう。
Sちゃんに「やっぱ新婚旅行はラスベガスにする?」と提案してみたら、
「俺たちみたいなのが言ったら、
 破産するか億万長者になって帰ってくるかどっちかだぞ」
「いいじゃん、欲かかずに1000万くらい儲かったら帰ってくればさ!」
「1000万じゃ、帰ってきてすぐなくなっちゃうら」
「じゃあ、いくらくらい?いくら持ってけばいいだ?」
「そうだな~…」
くだらない話に花が咲いてたよ。
[PR]
by rikochun | 2006-06-26 23:18 | 結婚
洗車
今日日曜出勤だったのだけど、
お仕事って言っても電話当番。
お客さんからサポートやトラブルの電話に対応するために、いわゆる電話番なんだけど、
朝から全然かかってこなくて、
やらなきゃいけないお仕事も片付いてしまい、
当然ヒマ人21号に。(なぜ21号?)
ようやく11時頃初の1本めの電話がかかってきて、
待ってましたとばかりに話し込んでいたら、
その間にプルルルル… (´д`、)
なんでこのタイミングでかかってくるんだよぅ!
結局午前中はこの2本だけだった。

おしるやすみ。
お昼ごはんを買いに出かけようとして事務所前に玄関横付けで朝から止めてあった車に下りて行くと…なんと!
リコの車のフロントガラスに鳥のフンが!!
「もう~~!!」
その近くにまるでこれで洗い流して下さいと言わんばかりに置いてあったホースから水を引っ張り、洗い流して一件落着。
ごはんを買って戻ってきて、またひたすら電話番が始まる。

その後1本だけ電話がかかってきただけで、
あとはシーーン。
ヒマになって窓から外を眺めていると…
朝と同じ場所に止めてあるリコの車にまたしても鳥のフンが!!!
ヽ(`Д´)ノ
仕方なく電話の子機を制服のポッケにさして、
下に下りて行った。
またホースで水を流して洗っているうちに、
なぜかバンパーまで洗い出し、
そのうちに気がついたらスポンジを手に、
洗車を始めていたリコ。(爆)
洗車はガススタに任せてばかりのこのリコが洗車するなんて、よっぽどヒマな証拠だに… 
電話がかかってきても子機があるし、
電話を待機しながら時間を有効に使えてる!!
だけんねホースが結構短くて届かないから、
車をちょっとずつ回転させて動かしてかないといかんのだよ。

ピッカピカになったリコの車。
制服はずぶ濡れになっちゃったけどネ。
もうフン落とすなよぅ!!
満足して事務所に戻ったんだけど、
どうにもこうにも気になって、フンが落とされてないか何度かちょこちょこ見に行った。
3回くらい見に行って気づいたよ、
リコの車の上にちょうど電線あった! ( ゚д゚ )
だからか!!
なんで車を別の場所に動かすコトに気づかなかったんだろう。
まぁ車をキレイにするきっかけになったからよいか。(汗)

e0036931_13413338.jpg

こちらは先日の夕ご飯!
Sちゃんの実家からたくさんじゃがいもをもらったもんだから、あれこれじゃがいも料理を勉強してて、
じゃがいもとチーズの餃子?レシピを見つけて作ったよ。
餃子の皮でキュッキュッてやるの久しぶりで難しかった。
ちょっと指ぬらしてやるのがコツです。

グラタンはSちゃんからのリクエスト。
もちろんじゃがいもは入れてませんっ!
「じゃがいもは入れなくていいで」って匿名のはがきが届いたで。(俺じゃねーぞ!!BySちゃん)
何度もグラタンにじゃがいもを入れたい衝動にかられるけど、今のところ我慢している。
[PR]
by rikochun | 2006-06-25 22:41 | 日常
タキシード
激闘の後、お出かけに。
実は今日ドレスショップに、
タキシードを見に行く予定だったのでやんす。

その前に4℃へ…!!
リコの大好きなジュエリーショップ、4℃。
マリッジリングも絶対ここって決めてるの!
こないだお誕生日に買ってもらったバッグも4℃、
クリスマスに買ってもらったネックレスも、
指輪もぜーんぶ4℃!
4℃、ワッショイワッショイ! ヽ(・∀・)/

こないだちょっとマリッジリングを見た時、
一昨年のクリスマスにもらった指輪をキレイにしてもらうため、
修理に出してたから、それ取りに行ったよ。
カタログで気になってたマリッジリングを名古屋店から取り寄せてもらってたから、
それも見せてもらったんだけど…
旦那さん用とお嫁さん用を合わせるとハートの模様ができるヤツで、
お嫁さん用の方にダイヤがついてるんだけど、
実際見たらそのダイヤが物足りなかった。 (・ε・`)
「ダイヤがちと寂しい、
 もっとキラキラしてる方がイイ!!!!」
「あ、そうですか」 (´д`、) ←Sちゃん
いろーいろ見せてもらったけど、
なかなか迷うのう。
デザインでこれって思うのがあったけど、
Sちゃんがイイって言ったリングは全然違うデザインで、
だけどつけ心地はすっごくイイって店員さんが言ってた。
マリッジリング、Sちゃんはお仕事の時つけないみたいだけど、
リコは毎日ずーっとつけたい。
おばあちゃんになってもずっとつけたい!(無理?)
だからつけ心地重視の方がイイのかな?
おばあちゃんになってもスルスルって指に入るように。
リコ、すごい先の心配してるね。^^

迷いに迷ったけど、
4℃で7/1~ブライダルコレクションが始まるみたいで、
その時買った方が特典が色々あるからと、
住所と名前書いて、
その招待状を送ってもらうコトにしたよ☆

その後そのままドレスショップに行こうとしたんだけど、
4℃のあるデパートの地下にサンラファエルって言う、
めちゃんこおいしいシュウクリームのお店があるから、
それ買って保冷剤いっぱい入れてもらって、
ドレスショップ行っちゃった。
「手土産だと思われたら困るね」って、
シュウはお店の入り口の隅に置かせてもらったよ。(汗)
今日はリコのドレスがだいたい決まったから、
タキシードがどういうのあるか見るコトにしたの!!
ドレスはもう30着くらい着たけど、
タキシードを見るのは初めて。

e0036931_1041465.jpg

ところがタキシードをいざ見ようとしたら、
お目当ての白のタキシードが全然種類なくて。
3着あった白のタキシードのうち、
2着は皮素材で、Sちゃんは皮素材がヤみたいで、
そうすると残り1着だけになっちゃったよ。(汗)
とりあえず着てみたんだけど…
タキシードの試着って笑えるに!!
Yシャツみたいなの着なくて、
襟のところだけそれっぽく見えるように、
よだれかけみたいなくらいのサイズのを首につけるだけなの!
偽Yシャツ!! (ノ∀`*)
おまけにタキシードの時はベルトは厳禁みたいで、
サスペンダーで止めるの。
よだれかけ&サスペンダーで、すっかりお子様姿のSちゃん。
爆笑しちゃったよー
写真撮っちゃったモン。
だけど、ジャケットはおったら、
超カッコよくなってた。 ヽ(・∀・)/
白のタキシードいいよ、カッコいいよ。

「色の組み合わせを見たい」とか何とか適当なコト言って、
リコもカクテルドレス着せてもらって、
ちゃっかり一緒に写真撮ってもらっちゃった。
「色合ってる?」とか言いながら、
ただ写真撮りたかっただけだったなのはナイショ。
2人で衣装着たら、
なんかちょっと実感わいてきたよ。
Sちゃん、偽Yシャツだけんね!!!

今日契約書にサインするつもりだったけど、
まだお母さんが別のショップで気に入ってるドレスがあるコトが心にあって、
Sちゃんも「お母さんに相談してから」と言ってくれて、
サインせずに帰ってきたよ。
まだドレスのコト迷ってる。
リコが着たいドレスと予算とお母さんの気持ちの3つで、
迷いまくってるよ。

全然関係ないけど、
試着が終わって帰る時、
ドレスショップの担当の子にシュウクリーム1個あげたよ。
[PR]
by rikochun | 2006-06-24 23:30 | 結婚
ケンカの種類
今日午後からお出かけだったんだけど、
午前中2人でゴロゴロしてたら、
お仕事帰りのお母さんがアパートにやって来た。
つい最近食器が増えたリコのキッチンに収納家具欲しいねって話してて、
こないだお母さんが買ってきてくれたとかで、
それを届けてくれたのだよ。
お母さんが来た頃ちょうどSちゃんはオブーに入ってて、
リコたちは「どこに置く?」と大騒ぎで、
あれこれレンジ台動かしたりして散らかり出して、
まるで年末の大掃除並みに大掛かりな作業になった。
オブーから出てきたSちゃんもビックリ。
そのうちにお母さんがレンジ台を片付け始めたり、
リコも掃除機かけたり雑巾がけしたりして、
それを見てるだけのわけにもいかないSちゃんも、一緒になって大掃除に取り掛かったんだけど、
Sちゃんの機嫌がめちゃめちゃ悪い…!
それはお母さんが見てもわかる様子で、
「ごめんね、Sちゃん。
 朝からこんなバタバタさせちゃって、ゆっくりしてたのに」
何度も謝ってる。
「全然いいっすよー」と言いながら、
リコには明らかに怒ってる。
ひと通りお掃除が終わった後、
お母さんが買ってきてくれた収納棚に色々しまってくれて、
ようやく片付いた。
片付くと同時にお母さんが、
「ごめんね、もうお母さん帰るでね!!」
そう言いながらちょっとしょんぼり気味に玄関を出る。
リコはお母さんを見送るために外に出たよ。
「Sちゃん、怒っちゃったかね?大丈夫?」
「大丈夫だよ」
「いきなりバタバタしちゃったのよくなかったかね?
 リコ怒られない?ごめんよ」
「そんなコトないって、ありがとね、おかん」
お母さんを見送った後、
リコの怒りは頂点に……!!

「なんでお母さんにもう帰るでねなんて言わせるよ!!
 あからさまになんでそんな機嫌悪いの!?」
部屋に戻るなり… ヽ(`Д´)ノ
お母さんはリコたちのために自分のおこずかいで家具買って届けて、
一緒にお掃除してくれたのにと、
リコの不満大爆発に、
Sちゃんが「そのコトに怒ってるじゃないんだよ!」と反撃。
「お母ちゃんに掃除させてるコトに腹たったんだよ!
 お前にむかついてたの!!」
「何が?お母さんと一緒に片付けてたじゃん!」
「お母ちゃんには家具だけ置いて帰ってもらえばよかっただろ!」
「なんでお母さんいちゃいかんよ!?」
「いちゃいかんじゃなくて、
 こういうのは普通自分たちでやるもんだろ?
 なんでお母ちゃんにまで手伝わされてるんだよ!」
「はぁ?お母さんがやり始めたからリコも一緒にやったの、
 それの何がいかんだ!?!?」
「お母ちゃんに迷惑かかってるじゃんか!」
「迷惑じゃないよ、逆に家具だけ置いてもらってバイバイの方が、
 お母さんしょんぼりしちゃうじゃん!」
「あとは自分らでやるよって言えばよかっただろ!!」
???
????????

ぜんっぜん話がかみ合わない。
何がSちゃんの機嫌を悪くしたのかわからない。
Sちゃんはてっきり、
お休みの日ゆっくりしてたのに、
突然お母さんとリコが大掃除を始めたコトに怒ってて、
たぶんお母さんも同じように思って、
気にして早めに帰ったんだと思う。
だけど、どうやらSちゃんが怒った原因はそれじゃないらしい。
お互い「?」なので、落ち着いて話し合うコトに。

Sちゃんは、お母さんにお掃除をやってもらってるコトに、
「迷惑をかけてる、申し訳ない」と思ってたらしい。
それなのに一緒になって掃除をやってるリコに、
怒ってたみたいなのだよ。
うちのお母さんは片付け好きで、
昔は過保護とも言われる程、娘の世話ばっかり焼いて、
娘のために何かするコトで、ちょっと満足するお母さんなの。
今はSちゃんと暮らしてるからもうないけど、
たまにお仕事帰りに勝手にアパート来て、
お洗濯とかして、
キッチンに足りないもの買ってきてくれたりして、
リコが「いいのに~!!ありがとね」なんて喜ぶと、
お母さんも喜んでくれるって言うようなカンジなんだよ。
逆に「いいよ、自分でやるから」って言うと、
しょんぼりしちゃうの。
そんな自分をお母さんは、
「甘やかしすぎだよね」なんてよく言ってたけど。
だけんね、Sちゃんちの親は、
埼玉の大学に行ってる間も1回もお母さんがアパートに来たコトないくらい、
自分のコトは自分でって方針みたいで、
娘や息子のコトではそう手を出したりしないんだって。
だからSちゃんも親に甘えずにやってきたみたいなんだ。
その違いが原因だった!!
よく考えればSちゃんのアパートの引越しの時は両親ともアパートに来るコトさえなかったけど、
リコのアパートの引越しの時は家族総出。(笑)
そんなところで大きな違いがあったのだよ。

話し合って2人とも納得。
「Sちゃんちはそういう家庭だったんだね」
「お前んちはそうなんだね」
となって、別にだからってどちらの家庭がどうとかは思わない。
ただとにかく納得したよ。
だからお母さんがアパートに来て、
家具買ってきてくれただけじゃなく、
大掃除まで手伝ってくれてるコトが、
Sちゃんにとってはありえなかったらしい。
「お前何お母ちゃんにやらせてるんだよ」と、
それがSちゃんを怒らせたらしい。
でもうちのお母さんのコトをわかってもらったよ。
原因がわかったなら、
急いでお母さんに電話を…と、
ケンカが終わった後、
涙声でお母さんに電話。
「ちょ、どうしたの!?
 やっぱりケンカしちゃった??」
心配そうにしてたけど、
Sちゃんと話し合ったコトを話して、
お母さんが来たコトで怒ってたワケじゃないコトを伝えたよ。
家の違いの話もして、
お母さんは納得したみたいだった。
「やっぱうちって甘いだかね?」
とは言ってたケド。^^

電話を切った後、
2人で「ちゃんと話してよかったね」って笑った。
話し合わなきゃ、
Sちゃんの怒ってた理由をわからないまま、
不満だけが残ってたよ。
Sちゃんが怒ってるなぁなんか考えてるなぁって思った時は、
リコ、ケンカ売る。
普通に「どうしたの?なんで怒ってるだ?」って聞いても、
ただでさえ男の人って女の子みたいに思ってるコトぽんぽん言ったりしないし、
聞いたところで「怒ってないよ」「別に」って言うだけだし。
ケンカしたくないけど、
ケンカになれば、「○○なんだよ!!!」って本音言い出すから、
ケンカはヤだけど、本音を聞くためならって思う。
3時間4時間と続く沈黙や重たい空気やわだかまりより、
激闘10分でも、後でわかりあえてすっきりする方がイイ。
不満なんてその時その時我慢しても、
つもってつもって後で爆発して、
そうなったら10分じゃ終わらない激闘になりかねないモンね。
それでもお互い「ごめんね」と言い合って、
Sちゃんからは、
「リコのお母ちゃんがそういうおかんだってわかったけど、
 それに甘えすぎたり、当たり前だと思ったりしんようにね」
と、アドバイスを受けたよ。
確かにそうだなと思いました。

「ケンカする程仲がイイ」のケンカは、
してよかったと思えるケンカのコトだとリコは思う。
[PR]
by rikochun | 2006-06-24 21:23 | 日常
リコは過敏性腸症候群って病気なんだけど、
ストレスが原因だとかで、
おくすりを飲んでも何しても、
とにかくストレスが軽減されない限り、一生治らないらしい。
病院の先生には「ストレスを貯めないように」と言われてるけど、
1番困る。
何がストレスなのかわかんない、
1番のストレスと言えばこの病気の症状なのだよ。
それが治ればストレスは貯まんない、
治らなければストレスは貯まるから、永遠に治らない…?
考えてると無限ループの世界。

Sちゃんのお父さんは同じく腸を患っていて、
数年前に特定疾患とされる腸の難病にかかった。
これも一生付き合っていかなきゃいけない病気で、
このせいでお父さんは入院を繰り返し、
一時期ひどく痩せてしまって、
それを見たSちゃんが落ち込んでしまったのも見た。
それでも半年くらい経つうちにみるみる元気になり、体重も少しずつ増加。
今では病気はもちろん治ってはいないけど、
みちがえるように元気になった。
あんなにひどかったのに、どうしてここまで元気になったんだろう?と思っていたら、お父さんは病院からもらったおくすりを全部飲むのをやめていた!!
それから毎週はり治療に通っていたとのコト。
はりの先生が言うには、
「くすりを飲んでいるうちは絶対良くならない」とかで、
1番最初に今飲んでるおくすりを全部やめるコトが、
通院の条件だったらしい。
大量に毎日飲んでいたおくすりを突然やめるのは、
体にとってはかなりの負担で、
最初の3ヶ月はさらにひどくなったものの、
「絶対よくなる」という先生の言葉を信じて、
おくすりは飲まず、はり治療に通い続けたという。
その結果通い続けるコト3ヶ月が経過した頃から、
「よくなった!!」という大きく目に見える変化はないけれども、
少しずつ、ホントに少しずつだけど体に変化が現れてきたらしい。
例えば2日に1日すごいおなかの調子が悪くなってたのが、
気づくと3日に1日、4日に1日になっていたりとか、
そういう少しずつの変化。
先生を信じ続けたお父さんは、
今も難病を患いながらも、その病気とうまく付き合っているんだそう。
「絶対よくなるんだと信じる気持ちと、
 気落ちしないコトが1番の治療法!!!」
と、お父さんは豪語していたよ。
病院の先生からは、
「どうしてこんなに良くなったのか?」と、
とっても不思議がられているって言うから驚きだね。

前にもちょっと書いたけど、
リコの冒頭に書いた病気のコトを知ったお父さんが、
そのはり治療を紹介してくれて、
4月頃から通い続けてるリコ。
1回10分くらいで3500円とかなり高いけど、
おくすりを飲まず、がんばって通ってる。
でもなかなかよくならず苦戦中で、
ここ最近は体のあちこちが不調で、
口内炎のドでかいのはできるし肌あれはするし、
おなかの膨張感はほぼ毎日だし胃痛はするし…
気にしないようにしてるけど気にしてしまう!!
特にリコの過敏性腸症候群の主な症状はおなかが膨らむコトだから、
これになると普段ちょっとゆるい制服のスカートもパンパンになって、
自分の腸が他の臓器を圧迫して、
めちゃんこ苦しくなるの、押しつぶされる。
この状態を気にせずにいろって言う方が難しい。
なる時は突然なるから、
それが怖くて着たい服も着れない。
ちょっとイヤなコトがあると、
ボーーーーーンって膨れて臨月のおなかみたくなる。

今日はり行ったら、
先生がもうそろそろ調子よくなってきてもいい頃なのに…ってつぶやいてて、
脈見ながら、「今日はひどいなぁ」って言うんだよ。
先生も困ったようなカンジだった。
なんだ、何もよくなってないのか…って思ったら、
なんかホントしょんぼりしちゃって、
なぜかはり治療の帰り道にひとりで車を運転しながらポロポロポロポロ泣いてしまったよ。
早く治したいのに、
こうやって気にしてたらいっこうに治らないってわかってるんだけど、
気にしないでいる方法がわからない。
[PR]
by rikochun | 2006-06-23 23:31 | 日常
紅茶
e0036931_2148324.jpg

ご無沙汰しておりまする
最近忙しいのと考えることたくさんで日記進まない(>_<)
レスもできてない状態でみんなにこのまま忘れられてしまいそうだよ。。
(´;ω;`)
今週は残業あり、脱毛にも行って、はり治療もある…!

会社のお友達センパイの影響で紅茶にはまってる、ルピシアの紅茶!!
おいしいから小分けにしてお母さんにもおすそわけしたよ☆
絵描いて(ノ∀`*)
[PR]
by rikochun | 2006-06-23 21:48
迷い
e0036931_965726.jpg

今日お仕事終わった後、
お母さんと一緒に電車乗って、
ドレスショップ行って来たよ。
これでもう何回めだろう?
初めてドレスを着た時はな~んかしっくり来なかったのに、
まさかこんなに迷うなんて思いもしてなかった。

ドレスを決める時は、
色々試着してみる前に、
あたしは○○系がイイ!ってはっきり決まってないと、
分野が広がりすぎて、決めにくくなる。
例えばカワイイ系ではこれが1位、ふんわり系はこれが1位、
ゴージャス系はこれが1位…とかって、
分野に分かれて気に入ったドレスがバラバラになっちゃうの。
あと、1番思ったのはドレスって手に取って見てみるのと、
着てみるのと全然違う。
今日着たドレスなんか、おかんがクローゼットから出してきて、
えぇぇ!?こんな色…!?って思ったのに、
着てみたらすっごい良かったし。

それにしてもお母さんと電車なんて乗ったのどのくらいぶりだろ?
おかん電車に慣れてなくて笑えた。^^
椅子に座って、リコのドレスの写真現像したヤツ出してきて、
「これはこうでーこれはこうでー」ってワイワイ。
しかも前回行った時に1番気に入ってリコがダントツだと思ってたドレスの写真、テレビの上に飾っておいたら、
おかん…「これもう見飽きちゃっただよね」
見すぎて、もうリコがこれ着て結婚式やったような気になっちゃったらしい。なんじゃそりゃ。 (ノ∀`*)

何着か着た後、お仕事を終えたお父さんが駆けつけてくれた。
お父さんが娘のドレス姿を見るのは今日が初めて。
その後Sちゃんもお仕事の後来てくれて、
なんかこうやってみんなが来てくれるのがうれしかった。
みんなで一緒に選ぶんだ!
今日着たドレスでまた1番気に入ったカクテルドレスが見つかったよ。
ウエディングドレスは初日にここのドレスショップで着たのをお母さんが写真を見てて、「おかんにも見せて」って言われてて、
もっかい今日着てみたらすっごいカワイイ。
こっちのドレスショップにするなら、
このウエディングドレスに決まりだねって話した。

値段を出してもらう時に、
「俺に任せればいいよ」と言っていたSちゃんが、
突然値段交渉に踏み切った!
結婚式関連では契約前の値段交渉がすっごい大事!!
この話は今後結婚式を挙げる人のためにも、
絶対ためになる話だからまた改めて書くね。

ドレスショップを出た後、
リコたちが大好きなつけめんのお店に、
お父さんとお母さんを連れてって、4人で食べたよ。
元中華料理コックのお父さんがなんて言うかな~って思ったけど、やっぱりつけめんは大絶賛でした。
2人ともなんかうれしそうでご機嫌で、
ホント親孝行いまだにできてないけど、
幸せになるコトが少しでもの親孝行になるかな?ってちょっと思ったよ。
[PR]
by rikochun | 2006-06-19 23:06 | 結婚
カップ
サッカー見たよ。
ワールドカップ、クロアチア戦。
柳沢!!!!!!!!!!!
なんでゴール前でパスなんか… 
あそこはシュートしんと!!
勝てる試合ぽかったのに、
もしあの時柳沢がシュート決めてたら入ってたと思うし、
そしたら勝ってたかもなのになー

…とか思ってたら、
あの柳沢のパスはシュートだったらしい。
柳沢ーー 。・゚・(ノД`)

e0036931_955987.gif網戸開けたまま2人でわーわー言って観戦してたよ。
隣の部屋の人に聞こえたかもだのぅ。
[PR]
by rikochun | 2006-06-18 23:59 | 日常
ペーパー
結婚式の招待状、テーブルに置いてある席札、
新郎新婦の紹介が書かれたパンフレット…
そういうのは全部式場が作ってくれるものだと勝手に思っていたリコ。
それを自分たちで手作りする人たちがいるコトを知ったのは、
結婚が決まって、今では欠かせない結婚バイブルであるゼクシィを買って読んだ時だった。
お金をどこにかけるか?って特集だったかなぁ、
来てくれるゲストのコトを1番に考え、
もし予算を削るなら自分たちの衣装を考え直すとか、
自分たちで作れるものは自分たちで…というのを見た。

それが頭にあったからかもしれない。
1月に挙式・披露宴が決まった式場で、最初のお見積もりをしてもらった時のコト、
思ったよりも高いその見積もり額に、
ついうっかり「ペーパー類は手作りしてもイイですか?」と口を滑らせてしまったのだ。
「全然構いませんよ~」とプランナーのお姉さんが招待状以外を見積もりからはずしてくれて、
わざわざ「手作り」とまで書いてくれた。
そんなリコの姿にSちゃんも、
「お前パソコン得意だから心配ないな」と得意げだった。

ところが。
ペーパー類、手作りにすると言ったものの…
何をどうしたらイイのか、さっぱりわからない…!!
友達にも「あと半年あるし、今のうちに取り掛かっておけば全然余裕だね」と肩を叩かれる。
いや、そうなんだけどサ、
まずどうすればイイのかね!?(重症)
ゼクシィのそういう欄をくまなく読んでみたり、
連日ネットでブライダル関係の手作りサイトを探してみたり、
あれこれ勉強をしまくってみる。
なんでみんなこんなに上手くできるのかわかんない! ヽ(`Д´)ノ

途方に暮れる中、ここはとりあえずペーパー類を作る手助けをしてくれるPCソフトを買う方がいいかな~と思って、
筆まめブライダル、ウエディング筆王、デザインエクスチェンジ…
色々と探して検討した結果、これを購入するコトに!
「ブライダルデザイナー」
バージョンは5で、Windows用。
早速届いておうちのパソコンにインストールして見たんだけど…
これ、イイ!!!
ごてごてしてなくてシンプルなんだけど、
使い勝手が良くて、しっかりできてる。
このソフトひとつで招待状・プロフィールパンフ・席次表・席札などなどの他に、
結婚報告ハガキやのし紙の印刷もできるし、かなり良い子。
テンプレートもたくさんあるんだけど、
恐らく重たくならないようにそういうテンプレートのインストーラーが付属されてて、
必要なテンプレートを選んでインストールできるようになってる。
おまけに市販の用紙の何種類かにも対応してるから、
このシリーズの用紙に印刷する…と選べば、そのようにカスタマイズできるのだよ!!
ソフトを使うのに取扱説明書を読もうとしないリコにもスイスイ使えて、
「まずはどうすればイイのかね?」と漠然と思ってたリコが、
1日2日で、ペーパー類全般を試しに作ってみるコトができて、
これなら招待状も揃えたい!と思って自分でできちゃったよ。
めちゃんこ楽しい。 ヽ(・∀・)/
1番安いところ見つけて定価5040円なのを4千円ちょっとで買ったんだけど、
これはイイお買い物だった~
しかもさっき書いた対応用紙の中にこれだ!って思うものがあって、
その用紙もサンプルで注文しておいたよ。
招待状なんか式場で頼むと1セットで600~700円くらい、
席次表類も400円くらいだとして、あと席札が150~200円くらい、
プロフィールパンフなんかは、自分たちの作りたいものを作ってもらおうと思えば、
式場じゃなく業者に頼むとしても印刷代だなんだで数万円。
そんなんだと結局ペーパー類で7万くらい軽くいっちゃうんだけど、
自分たちで作ればソフト代5千円だとしても、
リコは席次表とメニュー表とドリンク表とプロフィールパンフを全部1冊にして、
あと招待状と席札作って、材料費合わせ3万超えない…!!!
うれしい☆
お式までに時間的余裕がある人は絶対手作りオススメだと思う。
その代わり、招待状や席次表作る時に気をつけなきゃいけないコトとかいっぱいあるから、そのコト勉強しながらじゃなきゃかんけどね。
こういう準備が楽しいのう。
[PR]
by rikochun | 2006-06-17 23:13 | 結婚
HAPPY BIRTHDAY
今日はリコのお誕生日。
まだまだ20代と思っていたのに、
もう26歳なんてイイ歳になっちゃいました。
高校生の頃、26歳なんて言ったらおばさんだと思ってたけど、
あの頃のリコに言いたい。
26歳はまだまだ若いよって…
ちと無理あるかのう。 (・∀・)テヘ

14日を迎える直前、
Sちゃんはテレビ見ながらごろごろしてたのだよ。
新年とお互いのお誕生日の時は、
ナイショでおめでとうメールを用意しておいて、
0時ちょうどに送るのが何となく恒例なんだけど、
(ナイショになってないけどね☆)
もうすぐ0時だってのに、Sちゃん時計も見ずにテレビを見てて、
忘れちゃってるのかな~?って思ったら、
0時ちょうど辺りに突然立ち上がって、
携帯触り出したと思ったら、
すぐにSちゃんからのメールの着信音が鳴って…
おめでとうメールが届いたよ。 (ノ∀`*)
めんどくさがってやらなそうな慣れないデコメール作ってくれてあって、
おめでとうの言葉と一緒に、
「これからずっと一緒に歳を取っていこうね」って書いてあって、
その言葉にちとウルウルきた。
「何もないけどごめんね」なんて言ってたけど、
リコは十分うれしくて、
とりあえずもう深夜0時を過ぎてるってのに、
Sちゃんの誕生日に買ったペコちゃんのケーキの残りを2人で食べたよ。
デブの元だねっ!

夜に合同お誕生日会をする約束で、
Sちゃんが静岡市街にあるステーキ屋を予約してくれてあったんだけど、
ここはリコが会社のお友達に教えてもらってたおすすめのお店。
リコは夕方お仕事から帰ってきて先に支度して、
Sちゃんはちょっと残業してから高速飛ばして帰ってくるコトになって、
待ってたんだけど…
まだかな~って何度も出窓から駐車場見てたんだけど、
突然息を切らしてSちゃんが玄関のドアを開けて、
「なんだ~出窓から何回も見てたのに気づかなかったよぅ」
って言いながら出迎えたら…
玄関の外でSちゃんもじもじしてて、
おうちに入ろうとしないの。
「どしただ?」と近づいたら、
Sちゃんが突然隠してた右手を出して、
その手には4℃の大きな袋!!
「お誕生日おめでとう!」
えっ、えーーーーーーーーーー!?
ナンダナンダ!?
突然の出来事にリコ、ビックリ。

半年くらい前からリコが大好きな4℃で売ってるバッグを欲しい欲しいって言ってたんだけど、クリスマスには4℃のネックレスを買ってもらって、
「バッグはまた今度」って言われてたんだけど…
もしかしてこのサイズはそのバッグかもしれない!!
わぁわぁ言いながらその袋を開けようとしたら、
「帰ってきてから」って言われて、おあずけ。
出かけてる間に盗まれたら大変だと、
部屋の隅に隠して、お出かけの準備をしたよ。
「たぶんバッグだに」
「違うよ、財布だよ」
「袋おっきいモン、たぶんバッグだに」
連呼してた。 ^^
帰ってきた時に出窓から姿を見つける間もなく玄関から登場したのは、
4℃の袋を抱えてダッシュで走ってきたからだとか。
それ聞いてまーたウルウル。

その後Sちゃんの車に乗ってお出かけ!
高速に乗って静岡駅の方まで。
浜松の方はよくお出かけするけど、静岡ってあんまり行かない。
なんせ前にお買い物デートに出かけて大ゲンカになったコトあるモンで。(汗)
リコがメモって置いたステーキ屋さんまでの地図を持ち、
駐車場に車を置いて少し歩いた。
ステーキ屋さんに行く前にちと寄ろうと思ってた、
ワイン屋さんに先に行ったよ。
もうすぐ父の日だからSちゃんのお父さんに2人で何かプレゼントしようと思ってて、何がイイかSちゃんのお母さんにこっそり相談したら、
「最近白ワイン飲んでる」って情報を入手して…
会社の取引先でワインに詳しいお姉さんがいるから、
オススメのお店教えてもらってたの!
それがちょうど今日行くステーキ屋さんの近くで。
「なんかオッペンハイマーなんとかってワインがイイみたい」
ってリコがブツブツ教えてもらってたコトを言ってたら、
Sちゃんが「ドッペルゲンガー?」って言うだに。
全然違うし。^^
それにしてもワイン屋さんなんて初めて行ったよ。
いっぱいワインが並べられてた。(当たり前)
教えてもらってたワイン探したけんよぅわからんくて、
結局お店のお兄さんに聞いて、
ドイツ製のおいしい甘口の白ワインを1本購入。
ラッピングしてもらったよ。
お酒飲まない2人にとってはワインなんて、
全くわからんかったに。
「今ちょうどドイツでワールドカップやってるんで」
なんて言う、決めゼリフまでお兄さんに教えてもらったよ。

そして、その後いよいよステーキ屋さんへ。
初めてだったからよくわからんくて、
建物の2階が店舗なのに最初階段下りて地下1階行っちゃったよ。
なんかつぶれたお店の入り口があったに。
ようやく2階にたどり着き店内に入って行くと、
大きな鉄板というか大きなテーブルの中心に鉄板があって、
それを囲うように席があって、予約してあった席に案内された。
想像と全然違う雰囲気にたじたじ。
一応ネットでチェック入れておいたからステーキのコースを頼み、
まずは前菜とサラダが出てきて、
その後リコが好きなパンが出てきて、ぱくぱく食べてたんだけど…
「そんなパン食べちゃったらステーキ出てきた時なくなるぞ」
と、Sちゃんに言われたよ。
そうしてるうちにダンディなおじさんが出てきて、
目の前の鉄板で、にんにくを炒めた後、
にんじんとたまねぎとじゃがいもをジュウジュウ。
そして持ってきたサーロインステーキの厚いお肉を鉄板にのせて、
テキパキと焼き始め、
リコたちは口をぽっかり開けながらそれを眺めてたよ。
そして手早くお肉を切り、リコたちのお皿へ…
ポンズとタレと塩が出てきて、
「塩で食べるのが1番、肉の味がわかる」
と、おじさんに教えてもらった。
で、早速食べてみたら…!?
おいしすぎる。 (´;ω;`)
めちゃんこおいしい!!!
お肉やわらかくてプリプリ&とろとろ。
おまけに脂身のところは小さくカリカリに焼いてくれて、
口の中でうまみ脂がじゅわっと広がって、
ここのステーキ最高においしかったよ!!
ポンズとかタレとかいらないと思ったモン。
塩もちょっとだけつければイイっくらい。
たまねぎも甘くっておいしいし、
にんじんもにんじんじゃないみたいな味と感触で、
にんじん嫌いなSちゃんも普通に食べれてた!
にんにくは青森のおいしいにんにくらしくて、
じゃがいもは北海道産のほくほくじゃがいも。
大満足であっという間にたいらげた。

それから最後デザートがやって来る時…
リコのお皿にだけ、
名前入りで「Happy Birthday」のチョコレートで書いた文字!
「おめでとうございます」と持ってきてくれた店員さんに言われ、
「お歌のプレゼントを」と振り返ったら、
店員さんみんなが1列に並んで…
「♪ハッピバースデー トゥーユ~ ハッピバースデー トゥーユ~」
歌を歌ってくれて、リコは何だか恥ずかしくて顔真っ赤!!
お歌の後ローソクの火を消して、
なんか知らないお客さんたちみんなにも拍手をもらって、
リコどデカイ声で「ありがとうございます!!」って言っちゃったよ。
こういうのって恥ずかしいけど、
女の子は結構うれしいよね。
しかもその後すぐデジカメで写真を撮ってくれて、
それをプリントしてケースに入れてくれて、帰りにプレゼントしてくれたよ。
お歌の直後だったから、リコの顔真っ赤のままだったけんね。
とってもイイ思い出になりました。

e0036931_13402170.jpg

胸イッパイでお店を出た後、
そのまま駐車場に戻って車に乗り込み、帰りにドンキホーテに寄り道してから帰った。
田舎もののリコたちにとっては、ドンキって遠出した時くらいしか行けないだに。
色々目移りして「安い安い」なんてあれこれ買っちゃったよ。
ゲームのコーナーにプリクラ見つけて、
「お誕生日プリクラ撮りたい!」とわがまま言って、撮ったに。
それにしてもドンキ行って思ったんだけど…
夜のドンキだから若者いっぱいいて、リコもSちゃんもちょっと怖かった。
若者を怖がる辺り、うちらも歳取ったねってしみじみ話したよ。

そしてお誕生日ももうすぐおしまい…の時間に帰ってきて、
いよいよ楽しみしてた4℃の袋!!
Sちゃんからのプレゼントを開けられる時が来たっ!
開けてみると…
リコがずーっと欲しがってた4℃のバッグ! 
それにおまけと言って、中には4℃のポーチが隠れてたよ!!
うれしいーーー! 。・゚・(*ノД`*)・゚・。
ドンキでお化粧ポーチがもう古いから新しく欲しいって言った時、
通りで「いらんよ」って言ってたワケだ。
これがSちゃんからのプレゼント☆

e0036931_1340299.jpg

いつの間に買いに行ったのかな?って思って聞いたら、
今日夕方上司に言って、
ちょっと駅の近くに買い物行きたいって話したんだって。
何買うだ?って何度も聞かれて、
彼女の誕生日プレゼントって言ったら、
「行って来い!」って言ってくれたらしい。
駅の近くじゃ車止めるのも大変だからって、
センパイに車運転してもらったって。
みんなに迷惑かけちゃったのぅ。
すっごいうれしかった。
絶対大事にする。
ホントにホントにありがとう!!

楽しくて夢みたいなお誕生日の夜でした。
こういう気持ちを忘れずに、
来年も10年後も20年後も一緒に合同誕生日会をやりたいな。
[PR]
by rikochun | 2006-06-14 23:18 | お出かけ