<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
現実へ
1週間の夢のハネムーンから…ついに昨日の夜、
セントレア空港に帰国。
翌日の30日…つまり今日は1日お休みをもらう予定でいたのだけど、
1週間も空けていた会社が気になって、
空港から電話したら、
リコが元気なのを察した部長が、
「明日、会社出てこれるら?」
と、無茶苦茶なお願い。 (´・ω・`)ショボーン

ハネムーン前にリコがやってった支払の処理が、
銀行のシステムの関係でちゃんとできてなかったみたいで、
いくつかの取引先に支払ができてないみたいで。
部長が「ヤバイヤバイ」って大騒ぎ…
こりゃあ、行くしかない。 (・ε・`)
結局午前中だけ半休もらって、お昼から出社してきたよ。

部長が言ったのは大げさで、
別に今日来なくても良かったんじゃ…程度で、ホッ。
なんだかんだで、
結婚式とハネムーンの話で部長らと大盛り上がり。
やるコトはちゃんと片付けたけど、
何だか休みみたいな半日出勤だったよ。
でも会社来ると一気に現実に戻った気がした日でした。
[PR]
by rikochun | 2007-01-30 19:43 | 日常
お礼
e0036931_14341428.jpg

半年くらい経ってしまったけれど、
ようやく結婚式日記をアップし終えるコトができました。
良かった。 (´∀`)
ハネムーン日記は、いまだにリコスロの方で更新中です。
長すぎて、今までにない超大作になってしまっているけど、
なんせスロットを打ってないモンだから、
その後に続くものがないんだよね。 。・゚・(ノд`)・゚・。
「リコのスロット日記+α」というタイトルにさりげなく変更したものの、
さてこれからどうしようかと悩み中だよ。

でもSちゃんは相変わらずちょこちょこ行ってて、
リコもたま~に連れて行かれて、
ちょこっとだけパチンコしたりしてるんだ。
お気に入りは海物語in沖縄!!
「キュイン!」がかなりイイです☆

アップした写真2枚はハネムーンの写真っ!
リコスロに書いた通りだけど、
ラスベガス、本当にイイところ!
何よりベラージオの噴水ショーと、
グランドキャニオンは圧巻でした。

e0036931_1435818.jpg

時間がズレまくってるけど、
引き続きこの後の日記をちょこちょこ更新していきますねっ!
こんな日記でも読んで下さっている方、
本当にありがとうございます☆☆
[PR]
by rikochun | 2007-01-23 00:00 | お出かけ
結婚式 ~最後に~
控え室に戻ったリコとSちゃんは大はしゃぎ。
「やっぱ俺の入場おかしかったじゃん、ド早かったじゃん!」
みんなに「ド早かった」と言われていた挙式での新郎入場シーン、
エンドロールにしっかりその姿が映っていて、
それを見たSちゃんはかなり後悔してたりしたけど、
終わってみれば笑い話。
「ホント楽しくてあっという間だったね!」
その通りで、半年くらいかけて準備してきたけど、
実際の当日はホントにあっという間だった。
楽しくて、時間が猛スピードで過ぎてったよ。

先にタキシードを脱ぎ、控え室を出て一服しに出てってしまったSちゃん。
「この後2次会あります?ヘアどうします?」なんて、
メイクさんたちと話しながらリコが必死でドレスを脱いだりしていると、
Sちゃんのタキシードを片付けていた美容スタッフさんが…
「これ、タキシードのポケットに入ってましたよ」
「えっ…!?」
それは小さな小さな紙切れ。
それを開いてみると…………!?

後で聞いた話だと、ここのお料理がみんなに大好評だったみたい。
どちらの両親も親戚みんなに言われたんだとか。
結婚式の料理がおいしいってうれしいモンね!
コストを考えてくれずに困ってる…なんて言われてたこだわりのシェフさんのおかげだ~!ホントに良かった☆
そして、Sちゃんと夜中の3時までかかって書いた席札の裏のメッセージ。
挙式の入場から泣き出していたらしい妹が、
披露宴会場に入ってそのメッセージを見るなり、
また号泣し出したと、お母さん。 (´∀`)
孫のようにかわいがってくれてる埼玉のおばちゃんも、
メッセージを見て、「見るんじゃなかったよ」といきなり涙してたと言う。
「あったかい結婚式だったよって言ってくれてたよ」
アットホームな結婚式にしたい!
その願いを叶えられた…かなぁ。

着替え終わった後、
家族を見送って、リコたちは大荷物を抱えながら、
この式場内にある特別なシアタールームへ。
なんとなんとッ…今日の挙式の映像を見ながら、
2人で、食べられなかった今日のお料理を食べるコトができるのだよ~!
コレもリコが楽しみにしていたコトのひとつ。
おなかすいた~~!
披露宴中ありつけなかったお料理、どれもこれもホントおいしかった。
最後はちゃーんとウェディングケーキのデザートも出てきたよ!
「あの時さ~」
「あれ、すごかったよね」
今日1日を振り返りながら、2人で笑い話。
2人だけのシアタールーム、
これも思い出のひとつになりました。

今日までいろんなコトがあったけど、
無事Sちゃんと結婚するコトができました。
これはゴールじゃなくて、
ここからは始まりだと思う。
Sちゃんとこれからもずっと仲良し夫婦で、
幸せな家庭を築いていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします!

e0036931_11433942.jpg


         .。゚+..。゚+.Happy Wedding.。゚+..。゚+.
                          2007.1.21

[PR]
by rikochun | 2007-01-21 18:00 | 結婚
結婚式 ~謝辞式~
こうして披露宴はいよいよ終盤へ…最後は謝辞式。
急に静かな雰囲気に包まれて、
前へと出たリコたちの正面の向こう側に、
リコの両親、Sちゃんの両親が並んだ。
今日の朝早起きして書いた手紙の入った封筒をスタッフさんから渡され、
Sちゃんがマイクを持ち、
いよいよリコが両親への手紙を読むコトに。

リコは1980年神奈川県横浜市で生まれ、
3歳の時に喘息にかかり、静岡県にあるお母さんの実家のある市に引越し。
3つ下の妹も生まれ、愛情イッパイに育てられ、
当時から両親が大好きだったコトもあって、
両親が悲しむ姿を見たくなくって、
学校でいじめられても隠し通して、
つらくっても家帰れば家族と一緒で楽しいし、ヤなコトも忘れられた。
「いい子」と言われるのがうれしくって、背伸びしてたっけ。
でもその反動がやって来た。
高校に上がった頃、突然の反抗期。
今思えばなんであんなに親に反発したんだろうってくらい反発、
学校サボったり家出したりなんてコトもあった。
たくさんお母さんを泣かせて、
お父さんにげんこつをされた。
それは半年間の反抗期だったけれど、ずっと忘れない。
とっても悔やんできた。
心を入れ変えた後は必死で勉強をして、色々がんばった。
社会人になった時は本当に娘の成長を喜んでくれて、
お母さんがある日、
経理のお仕事をするなら必要な時があるかもしれないよと、
買ってくれた紙めくりクリーム、
お父さんが少ないおこずかいの中で買ってくれた、ピアス。
それはどちらも今でも宝物。
自立したくて20歳そこそこにひとり暮らしを始めたけど、
結局いつも両親に頼りっぱなしだった。
でも本当に大好きなお父さんとお母さんだったから、
Sちゃんのコトはすぐに知ってもらいたくて、
早くから紹介して、よくSちゃんも一緒にうちの家族みんなで遊んだ。
両親2人ともSちゃんのコトを気に入ってくれて、
娘一筋のお父さんが「Sちゃんと結婚しろ」と言ってくれた時は、
とってもうれしかったよ。
いろんなコトがあって、本当に結婚が決まった時は、
すごく喜んでくれた。
結婚の挨拶の時にお父さんが言った、
『俺が言うのもなんだけど、
 この子は出来は悪いけど、すごいかわいらしい子なんよ。
 すっごいかわいらしいんよ』
という言葉、すごいうれしくて、
思い出すと今でも泣きそうになるよ。
お母さんなんか毎月リコと同じゼクシィを買って、
楽しい結婚式にしたいねって色々一生懸命考えてくれて、
何かあると決まって相談乗ってくれた。励ましてくれた!
産まれた時から今日までずっと、
本当に大事に大事に育ててくれたね。

手紙の文面はナイショ…だけど、
書きながらそんなコトを思い返していたリコ。
手紙の最後に、
「こんなコトを言うのは照れくさいけど、
 今まで育ててきてくれてありがとう」
書こうか迷ったけど、やっぱり書きました!
友達が言ってたけど「結婚式は親に感謝の気持ちを伝えるコトができる場所」だって、そう言ってた。
心で思ってても、こういう時しか口に出して言えない。
そして、「ありがとう」だけじゃなくって、
「これからもよろしくお願いします」と付け加えたよ。
結婚しても、苗字が変わっても、
ずっとリコはお父さんとお母さんの娘だからね!

手紙を読んでいる間、何箇所かやっぱり、
朝読んだ時にSちゃんが「泣きそうになるポイントは一緒」と言ってた通り、声に詰まる所は詰まってしまったけど、
最後まで涙は流さずに読み終えるコトができた!!
これには泣き虫で有名なリコを知る友達も会社の人たちもビックリだったというのを、後で聞いちゃったよ。 (・∀・)テヘ
ぶわぁって泣きそうになった時は、
結婚しても近くにいるから大丈夫!と言い聞かせたんだ~
結婚してがんばって一人前のお嫁さんになれるようがんばるけど、
たぶんこの先もずっとお父さんお母さんには甘えていくと思う。
迷惑はかけたくないけど、ずっと甘えさせて欲しい!

手紙を読み終えた後、
Sちゃんとリコは用意してあったウエイトベアをスタッフさんから受取り、
正面にずっと立っていたお互いの両親の前へ、ゆっくりと歩く。
手紙朗読の間はオルゴールで流れていた「心を込めて花束を」が、
音楽になって流れ出す。
遠くで見ていたらわからなかったけれど、
今日式が始まった時からずっと涙一粒も見せなかったお母さんが、
泣いていた。
お父さんも目がウルウル、Sちゃんの両親も泣いていた。
つられて泣きそうになるのを抑えて、
お母さんに、リコが産まれた時の体重のベアを渡す。
Sちゃんも同じくお母さんにベアを渡す。
ちなみに、このSちゃんのウエイトベアはその重さ4030g!!
前代未聞のBIGベビーだよね。 ((((;゚Д゚))))
そしてお父さんたちには、胸にお花を挿して上げてプレゼント。
この時Sちゃんのお父さんは、
「こんなの初めてだな」とポツリと言ったそうで、
お母さんが泣いているのを見てすでにウルウルしていたSちゃんが、
一気に涙してしまったらしい。 。・゚・(ノд`)・゚・。
腕で目を押さえて泣いてたから、
この後に控えた新郎の挨拶が心配だったよ。

そして目頭を押さえながら、まずはSちゃんのお父さんから挨拶。
これがホントに素晴らしいお話で、ビックリした。
それからSちゃんの出番。
今朝お風呂に入りながら「本日は~」と連呼しながら練習してたSちゃん、
大丈夫かな。がんばって!
最初声を詰まらせてちょっとだけカンペを見たけど、
堂々とはっきり、決めてくれました!!
4人で頭を下げ、みんなから拍手。
あぁ、結婚式もこれで終わりだなぁ…
一気にそんな寂しい気持ちが襲ってきたけど、
みんなの笑顔を見て、本当に良かった!と改めて思ったよ。
場内をSちゃんと2人で1周した後、退場。
退場はsweetboxで威勢よく、
「Everything's Gonna Be Alright -Reborn-」を流してもらったよ。
みんなからの拍手がうれしかった。

e0036931_11163775.jpg
両親とリコたちが会場を出ると、
出口側で式場のスタッフさんがイッパイ並んでいて、
「おめでとうございます!!!」
と、一斉に拍手。ビックリしたよ~
みんなして涙目になりながらも、ようやっとホッとした表情。
そしてリコたちが退場した直後、
音楽が止まり、会場内が暗くなった。
そっとその会場の出口を開けてくれるスタッフさん。
いつの間にか出ていた正面の巨大スクリーン。
そう、最後の最後にSちゃん&リコからみんなへのサプライズ!!
本日のエンドロール、
しかも…今日撮ったばかりの映像と、
これまた何時間もかけてSちゃんと一緒に書いた、
ひとりひとりのメッセージ付きですっ!
そっと流れ出したコブクロの「永遠にともに」に、
みんなが反応してスクリーンに注目。
受付でのみんなの姿から始まって、
挙式の映像、披露宴での入場~披露宴中のみんなの姿、
そしてお色直し入場のプロポーズのシーンまで、
出来立てホヤホヤのエンドロールが上映され、
みんな自分が映るとうれしそうに笑ってくれていたり、
このサプライズにビックリしながらも両親たちも喜んでいて、
お金はかなりかかったけど、ホントにやって良かったと思った。^^
結婚が決まる前から結婚式では絶対に使うと決めていた、
コブクロの「永遠にともに」、やっぱりイイ!
それだけで泣きそうになったよ。 。・゚・(゚`д´゚)・゚・。
サプライズのエンドロール、大成功っ!!

みんなの退場。
エンドロールが終わり、明るくなった会場から、
いよいよみんなが出てきて、
出口にて4人でお見送り。
ひとりひとりに渡すプチギフトは…キャンドル。
と言っても、おしゃれなアロマキャンドルとかじゃ全然なくって、
Sちゃんの会社にちなんで、非常用ろうそく!!
使うコトがあったらいけないけど、
停電したりした時に、長時間ついていてくれるろうそくだよ。
これも会社の人に仕入れて売ってもらって、
ひとつずつ2人でラッピングしました。
うまくいかなくて、途中ケンカしてわーわー言いながらやったっけ。
「ありがとう!」
「ありがとうございました!」
一言では言い表せない感謝の気持ちでイッパイです。
本当に今日は来てくれてありがとう!!
来てくれたみんなのおかげで、一生の思い出になる結婚式ができました!
[PR]
by rikochun | 2007-01-21 17:00 | 結婚
結婚式 ~余興~
再入場を終え、みんなから祝福の拍手を受けた後、
ここからそのまま、テーブルラウンド。
キャンドルサービスも考えたけど、
リコがどうしてもやりたかったのが、各テーブルでの写真撮影。
今日みんながこうしてリコたちの結婚式のために来てくれたコト、
本当にうれしい。
だけど当日はひとりずつと話すコトができないし、
なかなか一緒に写真を撮るのも難しい。
そう思ったから、ラウンド演出はテーブルフォトサービスにしたよ!
カメラマンさんと一緒に各テーブルを順番に回って、
みんなとようやっと会話を交わしながら、一緒に写真をパシャリッ。
みんなの笑顔がうれしかった~ 。・゚・(*ノД`*)・゚・。
来てくれて本当にありがとう!

フォトサービス中は、好きな邦楽を何曲かかけようと決めていて、
リコたちが決めた曲がこちら!
・ケツメイシの「幸せをありがとう」
・コブクロの「Million Films」
・ドリカムの「うれしい!楽しい!大好き!」
・竹内まりやの「家に帰ろう」
どれも好きな歌ばっかり。
竹内まりやはSちゃん推薦だったんだけど、
時間の関係で流れずに終わっちゃった、ゴメンね。
そしてテーブル回りを終えた後、
正面テーブルにやって来て…ここで演出をひとつ。
スパークラー!
写真撮った後普通に席に戻ってくるのもちょっと物足りない?となって、
プランナーさんやお花屋さんと相談しまくって、
全テーブルで遠隔花火、バルーン演出…色々考えたけど、
遠隔花火は6万もするし、とにかくどれも一瞬なのに高い高い。
これを決める時はすでに式目前で、
これまであれこれ追加しまくって当初の見積りからかなりのオーバーだったモンだから、あまり高いのはやめようってコトで、
正面の花火に火を2人でつけるだけのスパークラー演出にしたのだよ。
でも、3万だに!
2人で火のついたスティックを持って、
暗くなった会場の中、花火に点火…っ!
「シューーッ、パチパチ!!」
ん?
なんか…び、微妙!?
思った程火が上がらず、何とも言えないスパークラー演出。(汗)
「ショボッ」
「これで3万!?」
と笑顔の裏で実は小さく2人でつぶやいてたというのはナイショ。
でも何もやらないよりは良かった…かな!?

席について間もなく始まったのは、余興の時間。
余興についてはSちゃんもリコも最初から同じ考えで、
友達に頼んでなんかやってもらうのも悪いし、
あんまりワイワイガヤガヤはしたくないから…と、
唯一やってもらおうと思ってた物だけに絞った。
それは…
Sちゃんの実家は空手の道場で、空手一家。
Sちゃんも幼稚園の年長の頃から大学に入るまでずっとやっていて、
今は引退したSちゃんのお父さんに変わって、
お兄さんが甥っ子を始めとした生徒に空手を教えているのだよ。
このお兄さんの結婚式の時に空手の演武をやったSちゃん。
今度はお兄さんと甥っ子にやってもらおうと前々から頼んであって、
最初はヤダヤダ言ってた小学校3年生の甥っ子も、
「やってくれたらお礼に何かおもちゃ買ってあげるに」と言ったら、
すーっかりやる気になってくれたみたいで、
結婚式まで空手の型をお兄さんと一緒に練習してくれていた様子。
この甥っ子がリコのコトすごく慕ってくれていて、
一緒にどうぶつの森やったり、カラオケ行ったりする仲なんだ~
司会者さんの紹介でお兄さん&甥っ子が登場、
「空手の演武」と聞いて、知らない方が「?」となっている中、
まずは甥っ子ひとりでの型の披露が始まった。
シーンと静まり返った中、
いつもシャイで照れ屋な甥っ子がりりしい顔をして、
会場に響き渡る大きな声を出して、まるで別人。
やっぱ男の子は空手やってるとカッコイイなぁ…
緊張している様子も見せずビシッと決まってて、
とっても良かった。
短い時間だったけど、終わった直後みんなから拍手喝さいだったよ。
それに続いてSちゃんのお兄さん。
今度は大人による本格的な型の披露というコトもあって、
さっき以上に静まり返った空気の中、お兄さんが動き出した。
これが…すごいッ!
普通余興中なんかは、見たり聞いてなかったりする人はしゃべりながら食事を続けてたりするもんだけど、誰ひとり何も食べずに注目してる。(汗)
Sちゃんも同じようにできるんだけど、
唯一見せてくれたのは2人でウォーキングしてた時に、
途中で寄った公園での暗闇の中だったモンなぁ。
Sちゃんもお兄さんと一緒に披露すれば良かったのにぃ~と思いながら、
お兄さんの迫力ある演武に圧倒されて…
素晴らしい演武を見せてくれた2人に大きな拍手。
披露宴がここで一気に引き締まったカンジがしたよ。
終わった後、お兄さんと甥っ子に前に出てきてもらい、
リコたち2人から甥っ子にプレゼント。
そう、これがつい数日前まで必死で探しまくってた、
甥っ子リクエストのポケモンのなんとかって言うブロック。
探すの大変だったんだにぃ~
トイざらスにもなくて、なんかモロ定価で売ってる町のおもちゃ屋みたいなところで買っちゃったよ。 (´・ω・`)
しかも特大サイズ!!
それでも甥っ子のうれしそうな顔を見て、ホッとしたよ。
お兄さんたち、貴重な演武をご披露してくれて、
ありがとうございました☆
この演武というのがいまいちどんな風に行なわれるのかわかってなかったリコは、ついこないだまで…
『空手の最中、小さくBGM流した方がイイら?
 お兄さん長渕好きだからやっぱ長渕?』
なんて言って、Sちゃんに『歌なんていらんいらん!』と頭ごなしに言われてたのだけど、実際見て思ったよ。歌なんて流さなくてよがったぁ~(汗)
とてもそんな空気じゃなかったよ。 (ノ∀`*)

空手の演武が終わった頃、
みんなのテーブルにはそれぞれデザートが並び始めていた。
コース料理の1番最後のデザートは2段になっていて、
下にあのウェディングケーキをカットした物、
上には当初抹茶あずきのデザートだった物を、「たぶんその頃みんなおなかイッパイだろうから」というリコたちの要望で変えてもらった…
さっぱりムースとジュレのデザート!
ここでみーんなにサプライズっ!
司会者さんが盛り上げながら言ってくれました。
「今みなさんのお手元に配られましたケーキの中に、
 アーモンドが入っておられる方がいらっしゃるようです」
そう、ラッキードラジェ☆
ドラジェがケーキの中に隠れていたら、リコたち2人からプレゼント!
余興がない分みんな参加型で楽しんでもらおうと、
お母さんやSちゃんと相談した結果決めたんだ~ (^ω^)
ドラジェは計4人のケーキの中に隠れているはずっ!
こっそりプレゼントも先々週お母さんと一緒に買出しに行っといただよ。
このサプライズはなかなかみんなで盛り上がってくれて、
甘い物が苦手なゲストも見つけるために無理やり食べる…
なんてコトもあった様子。
ようやく4人が名乗り出てくれて、前へ。
Sちゃんとリコからそれぞれプレゼントを渡したよ。
実はコレ、プランナーさんからの提案で、
ドラジェを入れるテーブルだけは決まってました。
自分の親や兄弟になっちゃうといけないので、
子供がいるような親戚のテーブルや友達のテーブルだけに。^^
この秘密はリコたちとうちのお母さんだけ知ってたんだけど…
あとでこのシーンをビデオで見直したら、
司会者さんの説明があった時に、
ちょうどうちの家族と親戚のいるテーブルが映り…
「何?アーモンドが入ってんの?」という埼玉のおばちゃんの言葉に、
「入ってない入ってない!ここのテーブルはないよ!!」
なんて言っちゃってた、うちのおかん。
おかーーーん! 。・゚・(゚`д´゚)・゚・。

余興も終わり、次はいよいよ謝辞式…
披露宴が始まってからはホント楽しくて、
あっという間だっただなぁ。
ところが、そこで思いもよらぬ司会者さんからの言葉が…!
「えぇ、ここでお2人からある方に…」
えっ…
えーーーーーっ!?
い、今からぁ~!?
何がどうなったのか、式が終わってからしようと思っていた計画が、
急きょこの披露宴真っ最中に行なわれるコトになってしまったのだ。
それは…

この今日の結婚式のために、とてもとてもお世話になった人がいる。
それはリコたちが去年の5月初めてここに訪れた時から
今日までずっと、毅然とした態度で…でも時には友達みたいに、
リコたちの結婚式のために仕事とは言え親身になって相談に乗ってくれた、
ここの式場のプランナーさん。
他のカップルより何もかも提出が遅く、わがままも言ったし、迷惑かけた。
でもホントにこのプランナーさんで良かったって思ってて、
どうしてもお礼をちゃんと伝えたくて、
そのお礼に式が終わったらこっそりプリザーブドフラワーを渡すつもりで、今日式場入りした時に持ってきてたんだけど、
プランナーさんに見つかったらバレる!と思い、
式場に入るなりすぐにカウンターのスタッフさんに渡したリコ。
「これを今日プランナーさんに渡したいんですけど、
 秘密にしておきたいんですよ~」
そんな話をしてあったんだけど、
まさか披露宴の中でこのコーナーが設けられるとは思ってなかった、
リコたちはビックリ!
でも、プランナーさんが呼ばれ、
スタッフさんの手から、その今日持ってきたお花が渡される。
うっわー!
こんなコトなら花束とか用意しときゃ良かった~
なるべく見つからないように小さな四角のポットに、
ちょっとだけバラのプリザーブドがささってアレンジされた小さな物。
こんな大々的に渡すようなシロモノじゃないに。 ((((;゚Д゚))))
でも、プランナーさんは涙ぐみながら喜んでくれて、
リコたちからのその小さなお花(汗)を、受け取ってくれた。
日が迫って忙しくなる準備の中、
ここに打ち合わせにくるのは、すごく楽しみだっけ。
毎回3人で冗談の言い合いになって、話脱線しまくったりしたなぁ…
プランナーさんはリコと同じ歳のキレイな女の人。
リコたちの「アットホームな結婚式にしたい」という願いを、
こうして叶えてくれてありがとう!!
気づいたら、今日は「ありがとう」と思ってばかりの結婚式だ。
一緒に3人で写真を撮って、記念写真にしたよ。
[PR]
by rikochun | 2007-01-21 16:30 | 結婚
結婚式 ~再入場~
お色直し退場の後、
控え室ではヘア担当の方もメイク担当の方も、
慌しい雰囲気の中動いていた。
まずはドレスを着替える。
たくさん試着した中で1番気に入った和柄のこのドレス。
色々迷ったけど、このドレスにして良かった~
お色直しでの髪型はまとめて片側サイドにおろすスタイル、
ドレスとセットでついてた髪飾りもあったけど、
お花屋さんに用意してもらってたダークレッドぽいガーベラで作った、
生花の髪飾りをつけてもらったよ。
間もなく、新郎Sちゃんも控え室に登場。
「ちょっと…!顔真っ赤だに!?」
「なんかビールつがれちゃってさ~」
お酒にはめっぽう弱いSちゃんとリコ。
ビールをこぼす場所は机の下に隠れてるらしいんだけど、
そんなところにこぼしてる余裕なんてないよねぇ…
Sちゃんもベストだけリコのドレスに合わせた赤系の物に変えて、
ちょこっとだけお色直し。
「Sちゃん、入場大丈夫?」
「大丈夫じゃねーよ!!なんも考えてないぞ」
これから始まるお色直し入場のシーンでは、
リコとプランナーさん2人で半強引に考えた、
ある計画が実行されるコトになっていた。
それは…

2ヶ月前の結婚式準備の打ち合わせ中、
リコが何気なく言った、
『そう言えばまだちゃんとプロポーズされてないや』
という言葉にプランナーさんが『じゃあ、再入場でやりましょう』と一言。
『おい、俺恥ずかしいの絶対無理だぞ、ダメだぞそういうのは!』
と激しく抵抗するSちゃんをよそに、
『上と下で別々に入場して~、新郎が新婦を迎えに行って~』
『そこでプロポーズ!!』
『あ、いいかも!おもしろいかも!』
『おもしろくねぇよ~、絶っ対無理だって!』
冗談交じりに言ってたそのシーンが、
次の打ち合わせにはしっかりプランシートに組み込まれていた。
それから今日に至るまで、プロポーズの言葉すら考えてなさそうなSちゃんだけど、果たしていきなりぶっつけ本番で大丈夫かしら… (・ε・`)
控え室にやってきたスタッフさんが、
「新郎様、こちらのマイクを持って入場して頂いて、
 プロポーズされた後は、マイクを床に置いて~」
「マイク!?マイク~!?」
マイクを連呼して慌てるSちゃん。
うわぁ、リコだったら絶対無理だな。(オイっ!!BySちゃん)
不安になりながらも、お色直しを終えた2人はそれぞれ別の入場口へ。

リコは念願だった2階の階段からの入場、
Sちゃんは正面のドアからの入場。
入場の準備が整った頃、ドアの隙間から見えてた明かりが暗くなり、
司会者の声が聞こえた後、
ゲスト正面に登場した巨大スクリーンによる、
プロフィールムービーの上映が始まった!
お互い実家から小さい頃からのアルバム引っ張り出してきて、
懐かしい写真をたくさん選んで、
2人出逢ってからの写真を数枚追加して、
文章を考え、式場の業者さんに作ってもらったムービー。
BGMは、ベタかもしれないけどゼクシィのCMを見て絶対コレ!と決めていた…古内東子の「Beautifull Days」!
この曲が結婚式にとってもイイのだよ。 。・゚・(ノд`)・゚・。
このムービー、最初はSちゃんの誕生~社会人、リコの誕生~社会人、2人が出逢って…の流れだったんだけど、
Sちゃんのを上映してる辺りで、
同級生のみんなのドッという笑い声が聞こえてきたよ。
あえて出席してくれてるゲストがなるべく映ってる写真を選んだんだ。
そして上映が終わり、
いよいよあのジャネットジャクソンの「Every Time」が流れ始め、
緊張が頂点に達した中、目の前のドアが開かれた!!
2つのスポット照明の中、階段上と正面からそれぞれ入場。
「皆様、上をご覧下さい!」
司会者の方の声でみんなの視線がリコに。
「ここで…」と司会者から恥ずかしいシーンの説明がある中、
Sちゃんがゆっくりと階段まで歩き、一歩ずつ上がってきた。
「S~!ガンバレよー!」という声援が聞こえる!!
『絶っ対無理だって!』
打ち合わせの時そう言ってたSちゃんなのに、
その姿は堂々としていて、涙ぐんでる。
それを見てたら一気に泣きそうになった!
そしてリコの前へ、マイクを持って立ち止まった新郎Sちゃん。

「リコ。
 これから、毎日一緒のおうちに帰りましょう。
 僕と結婚して下さい!」

えっ…!?
え…!?
プロポーズだ!
い、いつの間にそんなセリフを…!?

e0036931_1114817.jpg

突然のコトに困惑しながらも、「ハイ!」と答えた後、
「よろしくお願いします」とペコリと頭を下げた。
涙目のSちゃんがゆっくり頷いて、リコの手を撮った。
緊張して司会者がなんて言ったか覚えてないけれど、
2人揃ったところでBGMが、
「Every Time」から、バングルスの「ETERNAL FLAME」に変わって、
一緒に階段を降りてったよ。
このバングルスの曲も絶対使いたい曲のひとつだったんだ~
Sちゃんよくこの状況の中、ちゃんとプロポーズしてくれた!
感動したよ!ありがとう!とてもうれしかった。
一生の思い出だよ。
ちなみにこの時Sちゃんが終始泣いてるように見えたリコだけど、
後でこの話になった時…
『もう~Sちゃんが泣いてるからリコもつられて泣きそうだったよ~』
『は?俺泣いてないに?』
『えっ、だって目真っ赤だったしウルウルしてたじゃん』
『あん時酔っ払ってたんだよ』
『は?そーなの!?!?』
リコの勘違いだったコトがわかった。 (´・ω・`)ショボーン
[PR]
by rikochun | 2007-01-21 16:00 | 結婚
結婚式 ~大切なひと~
ケーキ入刀が終わった後、
次に始まったのは…友人からのスピーチ。
スピーチってのは誰だって緊張するもの、
せっかく結婚式に出てもらっているのに、
スピーチをやるコトで緊張して頭イッパイだと楽しんでもらえないと思い、
最初の方に時間を割いてあったんだ!
最初にSちゃんの友達代表として、
小学校の頃から一緒だったFくん。
偶然にもこのFくんとSちゃんは同じ名前で、
おまけにこのFくんのお兄さんとSちゃんのお兄さんの名前も同じという、
おもしろエピソードを司会者さんがお話してくれながら、
Fくんが紹介され、
「Sくんリコさん、ご結婚おめでとうございます」と、
堂々としたスピーチがスタートした。
小さな音で流れるBGMはSちゃんが好きだった、
長渕剛の「乾杯」のオルゴール曲だよ!
思えばFくんは、リコがSちゃんと付き合い始めた時、
1番最初に紹介してくれた友達だっけ。
小さな頃から仲が良く、中学高校大学に行ってからも友達、
大学時代は一緒にパチンコ三昧だったエピソードは、
Fくんのはからいにより抜粋され、
Sちゃんが持つ超厳しくて厳格なお父様のコトを思うと、
リコも聞きながら、笑顔の裏で胸をなで下ろした。(汗)
でもなんか男の友情らしいスピーチだったなぁ…
Sちゃんはこうと思ったらこう!とまっすぐ突き進む、
でも人の意見はちゃんと聞く…柔軟性も持ってる。
そんな風に言われてたかな。 (^ω^)
スピーチを2人でお願いしに行った時、
『俺スピーチなんてやったコトないに~!何話せばいいだ!?』
なんて言ってたのに、なんかすごく良いスピーチだった。
Sちゃんもうれしそうだったよ。

Fくんが席に戻り、
そしていよいよ今度はリコの友達代表、
茨城にお嫁に行った友達Aちゃん。
スピーチしてもらうならAちゃんと決めてたのに、
毎日のようにメールで結婚式準備のアドバイスや相談乗ってもらってる中、
人前に出る時緊張するAちゃんを思うとなかなか言い出せず、
去年の秋こっちに帰ってきた時に、
焼肉屋さんで焼肉食べながらようやっと切り出した。
『いいよ。頼んでくるかな~って思ったけど、
 リコ全然言ってこんだモン。こっちが気にしちゃったよ』
あの時は泣きそうだった…てか、ちょっと泣いたな。
Aちゃんとは高校に入った時同じクラスで、
5月にあった宿泊訓練で仲良くなった。
それから、毎日数え切れない程手紙をやり取りしまくったし、
放課後一緒にチャリであちこち遊びに行ったよ。
高校生の頃から超美人でちっちゃくてかわいくてモテモテで、
一緒にいるとリコは完全に引き立て役になってたけど(汗)、
顔に似合わず稲中好きとか、飾らないところが好きだった。
…って、告白かよっ!
社会人になってからはそれぞれ別々の道に進んでったけど、
Aちゃんが結婚するってなった時に、
携帯番号が変わってたリコと連絡を取るために、実家に手紙をくれて。
茨城の方まで結婚式にSちゃんに連れてってもらって、
久しぶりの再会したんだ。
その頃にはまだSちゃんは未来の旦那さんだったけど、
今日こうして結婚式を挙げるコトができて、
結婚が決まるまでの間、
メールでいーーーっぱい相談してもらって、助けてもらってたよ。
結婚が決まったコト、式場を見に行ったコト、
ドレス決め、結納…
この日までのひとつずつの段階で、
時に背中を押されたり、助けてもらったり、
スーパーテレビで特集できちゃいそうなくらい、
いろんなコトがあったよ。
Aちゃんが前に出てきた瞬間、
そういうのが一気にわっと思い出されて、
出だしから泣きそうになった。

高校時代に出会った時から、今日までのコトを語ってくれたAちゃん。
「そして今日、リコの花嫁姿を見るのがとても楽しみで…」
というところで声を詰まらせているのを見た時、
。・゚・(*ノД`*)・゚・。
一気にパーン!と泣き出しそうになったけど、
聞いてるリコが泣いたら、
読んでくれてるAちゃんも泣いて読めなくなっちゃう!と、
必死で堪えたよ。
この時のリコの顔は、後で写真やビデオで見返すと、
感動してるってより、
お葬式並みにひとりで暗くなって映ってるのが悔やまれた。
でも、ホントにAちゃんのスピーチうれしかったよ。
ありがとう。
これからもずっとずっとよろしくね。
Aちゃんのスピーチのバックでは、
Aちゃんが好きなドリカムの「未来予想図Ⅱ」のオルゴールを流したよ。

心温まる友人からのスピーチが終わり、
式場から大きな拍手。
「あぁ、感動した…」と息をつく間もなく、
さっき入場したばかりだと思っていたのに、
早くも新婦お色直しの時間に。
「その前にここで、新婦リコさんよりある方に…
 ブーケのプレゼントがあるようです」
来った~!本日2個めのサプライズ。
リコの大好きな色が詰まったふわふわのブーケ、
ブーケトスとかやらなかったのは、
来てくれてる女の子の友達が偶然にもみーんな結婚してるってのもあったんだけど、リコがぜひ渡したい子がいたんだよね。
24年間、ちっちゃな時からずっと友達のように仲良くしてきた、
リコのたったひとりの妹。
リコに続けて、妹にも幸せになって欲しい。
その思いと一緒に、ぜひこのブーケを渡したいのだよ!
「ズバリ、お呼びします!リコさんの妹さ~ん、どうぞ前へ!」
司会者さんのその声で驚きながらも笑顔で立ち上がる妹。
Sちゃんとリコが前に出てその様子をニコニコ眺めながら待っていると、
こっちにだんだん近づいて歩いてくる妹の顔に異変が…
突然、妹が号泣!!
うれしかったのか、すごい涙を流してくるんだモン。
つけまつげ取れちゃうよーーー!!なんてコトもすっかり忘れて、
リコもつられて泣きそうになり、
でもここはお姉さん!と思って必死で堪えた。
ブーケを渡した後、ちょっと抱きしめて肩をポンポン。
司会者さんが何か話している中、妹が泣きながら小さな声で…
「なんで私?」と一言。
「だって1番カワイイ妹だモンでじゃん」
そう言ったらまた泣き出してしまい、
Sちゃんも入れて3人で写真を撮った時にも、
妹の顔は真っ赤に映っちゃいました。
そんなに喜んでくれるとは思わなかったよ、ありがとう。
ちなみにこのブーケ、生花だったしもう枯れ果てているってのに、
まだ妹のアパートの玄関に飾ってあるよ。

妹へのサプライズが終わり、
いよいよリコが先に退場。
ここで、今度はお母さんを呼び、一緒に退場。
バージンロードはお父さんと歩いたから、今度はお母さんと。
どのくらいぶりにかお母さんと手をつないだよ。
出口のところでお父さんも待っていて、3人で一礼。
会場を出て見てみたらお父さんの顔が真っ赤!!
泣いている…んじゃなくて、リコと同じくお酒に超弱いお父さん。
ビールをみんなに注がれて、すっかり酔っ払っちゃったみたい。
この後リコはお色直しのために控え室へ、
Sちゃんは少し経ってから、
やっぱりお母様と一緒にサプライズ退場。
「なんで母ちゃんと!?恥ずかしいじゃん」と、
打ち合わせの時はブツブツ言ってたけど、計画して大正解。
後でビデオで確認したら、
お母様はとってもうれしそうでした。

さぁ、次はいよいよ和柄のドレスだ~
(ノ∀`*)
[PR]
by rikochun | 2007-01-21 15:40 | 結婚
結婚式 ~披露宴~
挙式終了後、一旦控え室に戻り、
リコはベールを取ってもらって、頭にティアラだけ載せて、メイク直し。
緊張が一気に解け、リラックスムード。
そしていよいよ、今度は披露宴会場へ…!
みんな、食事おいしく食べてくれるかな?
夜中の3時までかけて書いた席札の裏のメッセージ、読んでくれたかな?
リコの好きな花と色イッパイにしてもらったテーブル装花はどんなんだろ?
リコがパティシエに絵を描いて渡して作ってもらった、
オリジナルケーキはできたのかな?
いろーーんなコトが胸イッパイ。
式前あんなに緊張してたのに、
今はもう楽しみな気持ちの方が先で、
ワクワクしながら、披露宴会場の扉の前に立ったよ。
そして、レセプションパーティーの時に司会が素晴らしくて、
ぜひ司会をやって欲しい!と、直々に指名した司会者さんの声で…
いざ、入場っ!
入場曲は…寸前まですっごく迷ったけど、
Sweetboxのシンデレラ。
この曲ってよく結婚式関連にテレビとかでも聞くから、
入場にいいなぁってずっと思ってたのだけど…
内容は実はあまり結婚式ではちょっと微妙な歌詞だったりするって聞いて、ずっとためらってたんだ。
ほいでも披露宴でのBGM決めの締め切り前日、
夜中にひとりで悩んで最終選曲してる時、
偶然にも深夜のテレビ番組から流れてきて、
やっぱコレ使いたい!!!って、強引にも決めてしまった曲。
そうそう、今日披露宴で流れる曲は歓談中以外、
ぜーんぶリコとSちゃんで決めたBGMなのだよ! 
めちゃんこ大変だった。 。・゚・(ノд`)・゚・。
式場に1000曲くらい曲が入ったパソコンがあって、
何度かそれを使っていろんな曲を聴いてみたり、
ネットで調べたり、ツタヤでCDイッパイ借りてきてみたり、
借りられないCDはネットで買ったりして…
まぁ「BGMはリコの好きな曲にしていいよ」というSちゃんの、
面倒なコト放棄…もといッ、やさしい言葉によって(汗)、
ほとんどひとりで悩みまくってたよ。
でも、最後にはリコが決めた選曲リスト見ながら2人で1曲ずつ確認して、
Sちゃんとあぁでもないこぅでもないって話したっけ。
BGM・映像を担当してくれた式場の担当者がとってもお仕事熱心な方で、
リコの「ケーキ入刀はこのサビの部分で!」「ここはこうして…」とか、
かなりわがまま言ったんだけど、
「全部その通りにします、任せて下さい!」というお言葉をもらっていた。
だから、何気にBGMも楽しみなんだに☆

無事入場し、みんなから普段じゃありえないフラッシュを受けた後、
正面のテーブル席へ。
そこで一礼しながらリコの目に飛び込んできたお花たち。
何これ!すごいカワイイ!

e0036931_11282347.jpg

キャンドルサービスはやらないけど、
テーブルにキャンドルがあったら…という希望でつけてくれたキャンドル。
わぁ、リコの好きな色イッパイだし~
ガーベラもあるっ!!
思わず笑顔になったよ。

順調に披露宴はスタートし、
Sちゃんの会社の所長からのご祝辞、
リコの会社の社長からのご祝辞を頂く。
社長には前から、
『祝辞で言って欲しいコトってある?
 言わんで欲しいコトってある?』
なーんて聞かれていたリコ。
言わんで欲しいコトってなんだよぉ、怖いなーと心配したけれど、
いざ始まったら、
入社してすぐに紅一点ムードメーカーとなり、明るく元気、
仕事もできて、うちの会社に欠かせないメンバーとなった…
お世辞かもしれんけど、お褒めの言葉を頂いて。 (ノ∀`*)
社長と奥さんが、毎週のように2人で色んなとこ出かけてて、
仲良しで理想の夫婦だから、いつもうらやましがっていたからか、
仲良し夫婦になる秘訣とかも話してくれた。
お2人とも、ご祝辞ありがとうございます!
それに続いて、今度はいよいよ乾杯の音頭。
リコ側もSちゃん側もやってくれる方が見つからず、
会社の上司などでも良い!とのコトだったモンだから、
リコの部長にお願いしてあったのだ。
『乾杯で言って欲しいコトってある?』
乾杯音頭を引き受けた時、社長の真似してリコにそう言って、
会社のみんなから、
『長々と離すとひんしゅく買うからやめて下さいよ~』
って言われて、部長しょんぼりしてたっけ。
手短に祝福のお言葉を下さった後、
「えぇ~乾杯は、私のご唱和お願いします!の言葉の後、
 乾杯!でお願いします」
そう言って、グラスを手にした部長。
「それでは…乾杯!!」
*゚д゚)*゚Д゚)エエエエェェェl!!!
ご唱和お願いします!の言葉の後乾杯!じゃなかったんか~~い!
でも部長らしくて、いいや。
そして、乾杯の後ご歓談。
お食事が運ばれ、みんなおいしそうに食べ始めてくれた。
ここの式場、なんたって結婚式とは思えん程お料理がおいしいのだよ。
少し品をグレードアップしたりして、
お料理にもちょっとこだわりました。 (^ω^)
そして、次はケーキ入刀!
そーだっ、リコが考えたオリジナルケーキはどうなったんだ!?

e0036931_1652299.jpg

うわぁぁあ~~!
ホントに絵に描いたケーキが、できてる…っ!!
パティシエさんありがとう!
ホントに作ってくれんだ!!(そりゃ作るわな)
いちごがイッパイだよ。
打ち合わせの時、クローバーの上にいちごをどうやって置くか聞かれて、
何個、どうやって置いてもケーキの値段は変わらないって言うから、
1番いちごがたくさん載るように、立てて置いてもらっただよ。
(貧乏性、超発揮!)
真ん中にはチョコのプレートに、リコたちの名前入り文字。
いちごだけで寂しくならないように、ところどころにベリー。
こんな風にケーキを作ってもらうなんて、最初で最後だね。きっと。
そのケーキの前にリコたちが立ち、
デジカメを持ったみんながその前に集まってくれた。
ここで、リコたちからのサプライズ!
「えぇ、お2人のご希望で、ここである2人組のご夫婦に、
 一緒にケーキ入刀をして頂きます!」
そう、Sちゃんとリコの両親へのサプライズを用意してたのだ!
これは一昨年の夏結婚した仲良しの友達が披露宴でやっていて、
ご両親ともすっごくうれしそうで、
とてもとても感動したから、
リコもやりたいってずっと思ってたんだよね。 (ノ∀`*)
司会者さんから「Sさんのご両親~」「リコさんのご両親~」と呼ばれ、
ニコニコと前へ向かって歩くSちゃんの両親。
リコのおとうとおかんは…!?
ちょッ…!笑顔で、デジカメ構えてるーーー!
ちょっと、お母さんら!こっちこっち!!
後で聞いた話によると、そんなサプライズは想像もつかなくて、
スタッフさんに声を掛けられるまで気づかなかったんだとか。
思わず笑っちゃったよ。
「だってあんた、事前に言ってくれんだモン」
後でお母さんはそう言ってたけど、それじゃサプライズじゃないに!
こうして6人揃ったところで、
それぞれナイフを持って…クローバーの3箇所を使って、
ケーキ入刀!!!
Sちゃんの両親もうちの両親もすごくうれしそうだったぁ。
友達の案をもらって、リコもやって良かった。
その後両親には席に戻ってもらって、リコたちだけファーストバイト。
後で聞いたら「おかんらも食べたかったに!」だって。
あとでデザートと一緒に配られるから大丈夫だよ。
ちなみにお父さんたちの結婚式の時は、
入刀する箇所だけクリームになってて、
あとは食べられない作り物の大きいケーキだったみたい。
今はほとんど大きい本物ケーキで、デザート時に登場…が主流だね。
とにかく、ひとつめのサプライズ「両親とケーキ入刀」は大成功♪
ケーキ入刀の時のBGMは、
Sixpence None The Richerの「KISS ME」。
これはかわいくて、結婚式にもすっごくオススメ!!
絶対に披露宴中に使いたい!と、最初の段階で決めた曲だよ。
「0:38~から始まるサビのとこでケーキ入刀を!」
というリコの超わがままを、
担当者の方&司会者さんの連携プレーでやり遂げてくれたコト、
ケーキにナイフを入れながら、
心の中で「ありがとう!」と呟きました。
[PR]
by rikochun | 2007-01-21 15:00 | 結婚
結婚式 ~挙式~
e0036931_10263379.jpg
裏の道を通ってチャペルに移動。
すでにみんな中に入っていて、
不思議な空気が漂っているのを壁越しに感じる。
チャペルの隅にある控え室で椅子に座ってSちゃんとドキドキしていると、
スーツ姿のお父さん登場。
結局一緒に歩いて練習できなかったバージンロード。
親族紹介の前に、リハーサルをかねた説明をしてもらったらしいのだけど、
大丈夫かなぁ…
この間はほんのちょっとの時間だったのだろうけど、
ものすごく長く感じた。

そしていよいよ、新郎入場の時間が!!
サポートのお姉さんがSちゃんを呼び、
Sちゃんがチャペルの正面のドアの前へ。
リコとお父さんはその様子を、横の舞台裏からちゃんと見てたよ。
「新郎の入場です」
後でわかったコトなのだけど、
この時サポートのお姉さんに「堂々と」と言われて、
背筋をピンと伸ばして歩いてったところ、
緊張のあまり早歩き&堂々としすぎてちょっとのけぞった格好で入場してしまったらしいSちゃん。
これは後日見た当日のビデオでもばっちり確認できて、
Sちゃんが通った後笑顔のみんなの顔も映ってたよ。
Sちゃんがビデオを見たがらない理由のひとつにもなってしまったシーン。
でもやっぱ緊張するよね、みんな自分だけを見てるんだし。
そんなコトは知らず、Sちゃん堂々と入ってたったなぁ…と感心しながら、
その後すぐにリコたちも席を立ち、ドアの前へ。
お父さん、緊張しているのか…腕が硬いよ。
「大丈夫ですか?リラックスして下さいね」
そんな言葉をかけられるも、緊張のあまり顔がこわばった!
当日の緊張は後にも先にもこのチャペル入場シーンがピークだったと思う。
「小さな頃の楽しかったコトうれしかったコトを思い出しながら、入場して下さい」
ドアが開く寸前、サポートの女性がそう言ったのが聞こえた!
「新婦、新婦父の入場です」
♪チャララ~ チャラララ チャララー ラーラー ラララー
ドアが開いた瞬間、拍手と一緒にシャッターの音とまぶしい光。
かろうじて見える視線の先には、こっちを向いたSちゃんの姿が…!!
お父さんと一歩ずつ一歩ずつゆっくり進んでいく。
なんか突然泣きそうになって、目を充血させながら歩いてったよ。
小さい頃の楽しかったコトうれしかったコト…思い出そうとすると、
ホントに泣いちゃいそうだから、必死でがんばった。
そしていよいよ、Sちゃんの前へ。
ここではSちゃんとお父さんが礼をしあった後、
Sちゃんがリコの手を取って、リコがSちゃんの隣に行く…というシーン。
ところが…
2人が礼をした後、お父さんがちょっと手招きして、Sちゃんをリコのそばへ近寄らせる。
そしてリコの手を取って、Sちゃんの手に渡し、
お父さん、Sちゃんの背中をポンっと力強く叩いた!!
『Sちゃんとお父さんがおじぎしたら~、リコが前行くだよ。ほんでー』
『手を取って渡したりしないんか?』
『しないんじゃない?だってリハーサルで何も言われんかったに』
『そぅか?まぁその辺はお父さんのアドリブでやるよ』
『ちょっと!アドリブなんてよしてや。お父さん変なコトしそうで怖いで!!』(お母さん)
数日前、当日のコトをお父さんに話してた時のコトを思い出したよ。
お父さん、リコの手を取って新郎に渡す…ってのやりたかったんだろうね。きっと。
Sちゃんの背中を叩いたそのお父さんの顔は真っ赤で、泣いてたよ。
それを見たらもう…
お父さんの強い想いイッパイのアドリブのおかげで、
その後壇上に上がってからも涙をこらえすぎてリコ、ずーっとブルブル。
片手に持つブーケがプルップル震えてたこの様子は、
ビデオにもしっかりおさめられていたよ。

e0036931_10273314.jpg

無事順調に式は進行して、いよいよ新郎新婦退場へ。
今までの厳格な雰囲気が一転、
明るくテンポのイイ曲がオルガンから流れ、
みんながいる真ん中の通路を歩き出した。
ようやく笑顔を見せるコトができて、
なんかふわっと力が抜けたように感じたよ。
まだ顔が赤いお父さんの顔、うれしそうなお母さんの顔、
まーた式中も泣いてたのか目真っ赤な妹の顔。
小さい頃からかわいがってくれた、おばあちゃんやおばちゃん。
おじさんやおばさんたち、いとこのみんな、そして会社のみんなや友達…
みんなが「おめでとう!」って言ってくれて、
ホントにうれしかった。
「ありがとう!」しか言えなかったけど、
みんなが祝福してくれる気持ちはしっかり受け止めたよ。
それはSちゃんも同じだったようで、
チャペルを出た後、幸せそうな笑顔。
でも大汗かいてたケドね…
「中、ド暑いだモン!!」
この後みんなとの写真撮影があったモンだから、
メイクをさっと直してもらって再入場。
集合写真を撮った後、それぞれみんなと写真撮影。
リコたちと写真を撮ろうとする親戚や友達が並んじゃって、
こんなコトは後にも先にも二度とないと思ったりした!

挙式終了。
あぁぁ…ホントに緊張した。
でも良かった。
式中、Sちゃんが堂々としてカッコ良かったよ。
すごく頼りになったよ。
そして…お父さんのアドリブも、良かったね!
ビデオで見直すと、Sちゃんの背中を叩いて後ろに下がった後、
リコのドレスのすそをふみそうになって、
転びそうになってるのが映ってるんだけどね。 (´∀`)
式が終わった後、
「お父さんバージンロードで泣いてるんだモン。
 リコもそれ見て泣きそうだっただに!」
と、お父さんに言ったら…
「だってよぅ、あの人が小さい頃の楽しかったコトうれしかったコトを思い出して歩いて下さいなんて言うからよー
 お父さん思い出しちゃって、歩き始めっから泣きそうんなっちゃったんだよ。
 あんなコト言うもんで!
 途中から必死で違うコト考えてたよ、おとぅさん」
お父さんは言われた通り、リコとの思い出を思い出したんだね。
妹には「ホントに思い出すモンで」って突っ込まれてたけど、
なんかうれしかったよ。
リコはちっちゃい時から面倒かけまくったから、
思い出もイーーッパイあるモンね。

e0036931_10351270.jpg

式中の指輪交換の時に指輪がのってたリングピロー。
今までの日記に書いた通り、
リコがクッションまで作ったところで、
その上にのせる犬のぬいぐるみがフランケンシュタインになってしまっているのを見かねたお母さんが、
小さいミッキー&ミニーを見つけてきてくれて、
それをくっつけ、指輪をひっかけられるように作ってくれたもの。
これも一生の宝物です。
お母さんとの共同作、世界でたったひとつのリングピローだ。
[PR]
by rikochun | 2007-01-21 14:00 | 結婚
結婚式 ~ヘアメイク~
式場はハウスウエディングの会場で、1日限定3組まで。
2人専用の控え室に入って、まずはリコが花嫁に大変身する準備を始める。
歯を磨いて、バスローブに着替えた後、
2人がかりで、ヘアメイクをしてもらう。
最初に保湿パックをしてくれたのは予想外でうれしかったぁ。
だけど、そのパック中目が何も見えない中、
Sちゃんのヘアセットをするために床屋さんの友達(中学時代の陸上部の先輩)が控え室に奥さんと一緒に来てくれて、
パックしたまま、挨拶。(汗)
新郎のヘアセットは、リコと同じメイクさんたちがやってくれるコトになってるけど、
Sちゃんはいつも髪をいじってくれる先輩にやってもらいたいみたいで。
リハもしてないから心配らしい。
かれこれ半年くらい前から、その先輩のとこ行く度に「結婚式の時の髪型どうするか?」って話し合ってたモンなぁ。
ようやく顔のパックが取れた後、メイクスタート。
床屋の先輩の奥さんが今妊婦さんなんだけど、来てくれてうれしかった☆
「意外とカメラマンさん、こういうの撮ってくれないんだよぉ~」と言いながら、
まだかかったままのドレスやブーケやアクセをパチパチとリコのデジカメで撮ってくれたよ。

e0036931_938784.jpg

ヘアメイク中、リコの両親が控え室に来てくれた。
この日のために色留袖を買ったお母さん、やっぱり留袖似合ってるよ、ステキだよ!
お父さんもはりきってダブルのスーツ、買っちゃったんだよね。 (^ω^)
妹もかわいい振袖を着付けてもらって登場。
なんかみんなの顔見てたら、また泣きそうになってきた。
そんな中、お花屋さんが控え室のドアをノックした。
お花担当の人と言えば…
「松ぼっくりなんてどうです?」「その値段だとこのボリュームしか出ないですよ~」
1番始めの話し合いで、
何だかこの日と好きじゃないなーって正直思った女の人。
イメージが沸かないし、お花はやたら高いしで、
何度か話し合いを重ねた結果、
ブーケやテーブル装花を、
リコが口で色々行ったイメージを絵にしてきてくれて、
それがなんかうれしくてすごく気に入って、即決した。
そのお花屋さんが、ブーケ2つを持って控え室に入ってきた!
「これ!リコさんが気に入ってくれるとうれしいんだけど…
 一生懸命作りました」
そう言って見せてくれたブーケを見て、
何だか知らんけど、また涙。(なんでやねん)
高いお金払って(ブーケ1つ、約3万だに)作ってもらってるワケで、
お花屋さんは商売でブーケを当たり前のように作ってくれているのだけど、
何だか絵の通りに作ってくれたブーケがステキすぎて、
気持ちが伝わってきて、すごくうれしかったのだよ。 
。・゚・(ノд`)・゚・。
「ちょっと!泣かないで下さい、私まで感激してしまいます…!」
「ゴメンナサイっ、なんかうれしくて!」
そんなリコを泣かせたブーケがこれ。
『ピンクや白、黄色が好き。Wドレスの時はまあるいブーケがいいかなぁ~
 バラをいっぱい使って、ふわふわしたファー入れて欲しい、葉は少なく』
ブーケの話し合いの時、リコはそんな風に言ったブーケ。

e0036931_115869.jpg

『カクテルドレスの時は赤がイイ。大好きなガーベラを使って欲しい。
 とにかく和柄のドレスに合ってるブーケ。バッグみたいなヤツで…』
リコの大雑把なイメージを、その時お花屋さんは絵にしてくれた。
リコが着る和柄のドレスを初めて見たとかで、今まで作ったコトのブーケに挑戦すると言ってくれてたカクテルドレス用のブーケ。

e0036931_1183672.jpg

どちらも生花。
どちらかはプリザーブドフラワーにしようかと思ったけど、
ガーベラはなかなかないみたい。
でも生花だと見た目も新鮮で、すごくキレイ。
お花屋さんにお礼を言ったよ。
ありがとうございます。
最初、好きじゃないなぁなんて思ったりしてゴメンナサイ。
ホントにうれしかったです!

途中色々とあったけど無事ヘアメイク完了。
頭にティアラを乗せてもらい、いよいよベールを頭へ…
プランナーさんの話によると、もうウェルカムルームにみんなお揃いで、
チャペルでは親族紹介が始まったという。
わぁ~お父さんしっかりみんなを紹介できてるかなぁ…心配だ。
そして、これだけは買って用意したオーガンジーのグローブを腕にはめて、
お支度完了。
いよいよ、チャペルへと移動。
だんだん、例えようのない緊張に襲われてきたよ!
[PR]
by rikochun | 2007-01-21 12:30 | 結婚