結婚式 ~謝辞式~
こうして披露宴はいよいよ終盤へ…最後は謝辞式。
急に静かな雰囲気に包まれて、
前へと出たリコたちの正面の向こう側に、
リコの両親、Sちゃんの両親が並んだ。
今日の朝早起きして書いた手紙の入った封筒をスタッフさんから渡され、
Sちゃんがマイクを持ち、
いよいよリコが両親への手紙を読むコトに。

リコは1980年神奈川県横浜市で生まれ、
3歳の時に喘息にかかり、静岡県にあるお母さんの実家のある市に引越し。
3つ下の妹も生まれ、愛情イッパイに育てられ、
当時から両親が大好きだったコトもあって、
両親が悲しむ姿を見たくなくって、
学校でいじめられても隠し通して、
つらくっても家帰れば家族と一緒で楽しいし、ヤなコトも忘れられた。
「いい子」と言われるのがうれしくって、背伸びしてたっけ。
でもその反動がやって来た。
高校に上がった頃、突然の反抗期。
今思えばなんであんなに親に反発したんだろうってくらい反発、
学校サボったり家出したりなんてコトもあった。
たくさんお母さんを泣かせて、
お父さんにげんこつをされた。
それは半年間の反抗期だったけれど、ずっと忘れない。
とっても悔やんできた。
心を入れ変えた後は必死で勉強をして、色々がんばった。
社会人になった時は本当に娘の成長を喜んでくれて、
お母さんがある日、
経理のお仕事をするなら必要な時があるかもしれないよと、
買ってくれた紙めくりクリーム、
お父さんが少ないおこずかいの中で買ってくれた、ピアス。
それはどちらも今でも宝物。
自立したくて20歳そこそこにひとり暮らしを始めたけど、
結局いつも両親に頼りっぱなしだった。
でも本当に大好きなお父さんとお母さんだったから、
Sちゃんのコトはすぐに知ってもらいたくて、
早くから紹介して、よくSちゃんも一緒にうちの家族みんなで遊んだ。
両親2人ともSちゃんのコトを気に入ってくれて、
娘一筋のお父さんが「Sちゃんと結婚しろ」と言ってくれた時は、
とってもうれしかったよ。
いろんなコトがあって、本当に結婚が決まった時は、
すごく喜んでくれた。
結婚の挨拶の時にお父さんが言った、
『俺が言うのもなんだけど、
 この子は出来は悪いけど、すごいかわいらしい子なんよ。
 すっごいかわいらしいんよ』
という言葉、すごいうれしくて、
思い出すと今でも泣きそうになるよ。
お母さんなんか毎月リコと同じゼクシィを買って、
楽しい結婚式にしたいねって色々一生懸命考えてくれて、
何かあると決まって相談乗ってくれた。励ましてくれた!
産まれた時から今日までずっと、
本当に大事に大事に育ててくれたね。

手紙の文面はナイショ…だけど、
書きながらそんなコトを思い返していたリコ。
手紙の最後に、
「こんなコトを言うのは照れくさいけど、
 今まで育ててきてくれてありがとう」
書こうか迷ったけど、やっぱり書きました!
友達が言ってたけど「結婚式は親に感謝の気持ちを伝えるコトができる場所」だって、そう言ってた。
心で思ってても、こういう時しか口に出して言えない。
そして、「ありがとう」だけじゃなくって、
「これからもよろしくお願いします」と付け加えたよ。
結婚しても、苗字が変わっても、
ずっとリコはお父さんとお母さんの娘だからね!

手紙を読んでいる間、何箇所かやっぱり、
朝読んだ時にSちゃんが「泣きそうになるポイントは一緒」と言ってた通り、声に詰まる所は詰まってしまったけど、
最後まで涙は流さずに読み終えるコトができた!!
これには泣き虫で有名なリコを知る友達も会社の人たちもビックリだったというのを、後で聞いちゃったよ。 (・∀・)テヘ
ぶわぁって泣きそうになった時は、
結婚しても近くにいるから大丈夫!と言い聞かせたんだ~
結婚してがんばって一人前のお嫁さんになれるようがんばるけど、
たぶんこの先もずっとお父さんお母さんには甘えていくと思う。
迷惑はかけたくないけど、ずっと甘えさせて欲しい!

手紙を読み終えた後、
Sちゃんとリコは用意してあったウエイトベアをスタッフさんから受取り、
正面にずっと立っていたお互いの両親の前へ、ゆっくりと歩く。
手紙朗読の間はオルゴールで流れていた「心を込めて花束を」が、
音楽になって流れ出す。
遠くで見ていたらわからなかったけれど、
今日式が始まった時からずっと涙一粒も見せなかったお母さんが、
泣いていた。
お父さんも目がウルウル、Sちゃんの両親も泣いていた。
つられて泣きそうになるのを抑えて、
お母さんに、リコが産まれた時の体重のベアを渡す。
Sちゃんも同じくお母さんにベアを渡す。
ちなみに、このSちゃんのウエイトベアはその重さ4030g!!
前代未聞のBIGベビーだよね。 ((((;゚Д゚))))
そしてお父さんたちには、胸にお花を挿して上げてプレゼント。
この時Sちゃんのお父さんは、
「こんなの初めてだな」とポツリと言ったそうで、
お母さんが泣いているのを見てすでにウルウルしていたSちゃんが、
一気に涙してしまったらしい。 。・゚・(ノд`)・゚・。
腕で目を押さえて泣いてたから、
この後に控えた新郎の挨拶が心配だったよ。

そして目頭を押さえながら、まずはSちゃんのお父さんから挨拶。
これがホントに素晴らしいお話で、ビックリした。
それからSちゃんの出番。
今朝お風呂に入りながら「本日は~」と連呼しながら練習してたSちゃん、
大丈夫かな。がんばって!
最初声を詰まらせてちょっとだけカンペを見たけど、
堂々とはっきり、決めてくれました!!
4人で頭を下げ、みんなから拍手。
あぁ、結婚式もこれで終わりだなぁ…
一気にそんな寂しい気持ちが襲ってきたけど、
みんなの笑顔を見て、本当に良かった!と改めて思ったよ。
場内をSちゃんと2人で1周した後、退場。
退場はsweetboxで威勢よく、
「Everything's Gonna Be Alright -Reborn-」を流してもらったよ。
みんなからの拍手がうれしかった。

e0036931_11163775.jpg
両親とリコたちが会場を出ると、
出口側で式場のスタッフさんがイッパイ並んでいて、
「おめでとうございます!!!」
と、一斉に拍手。ビックリしたよ~
みんなして涙目になりながらも、ようやっとホッとした表情。
そしてリコたちが退場した直後、
音楽が止まり、会場内が暗くなった。
そっとその会場の出口を開けてくれるスタッフさん。
いつの間にか出ていた正面の巨大スクリーン。
そう、最後の最後にSちゃん&リコからみんなへのサプライズ!!
本日のエンドロール、
しかも…今日撮ったばかりの映像と、
これまた何時間もかけてSちゃんと一緒に書いた、
ひとりひとりのメッセージ付きですっ!
そっと流れ出したコブクロの「永遠にともに」に、
みんなが反応してスクリーンに注目。
受付でのみんなの姿から始まって、
挙式の映像、披露宴での入場~披露宴中のみんなの姿、
そしてお色直し入場のプロポーズのシーンまで、
出来立てホヤホヤのエンドロールが上映され、
みんな自分が映るとうれしそうに笑ってくれていたり、
このサプライズにビックリしながらも両親たちも喜んでいて、
お金はかなりかかったけど、ホントにやって良かったと思った。^^
結婚が決まる前から結婚式では絶対に使うと決めていた、
コブクロの「永遠にともに」、やっぱりイイ!
それだけで泣きそうになったよ。 。・゚・(゚`д´゚)・゚・。
サプライズのエンドロール、大成功っ!!

みんなの退場。
エンドロールが終わり、明るくなった会場から、
いよいよみんなが出てきて、
出口にて4人でお見送り。
ひとりひとりに渡すプチギフトは…キャンドル。
と言っても、おしゃれなアロマキャンドルとかじゃ全然なくって、
Sちゃんの会社にちなんで、非常用ろうそく!!
使うコトがあったらいけないけど、
停電したりした時に、長時間ついていてくれるろうそくだよ。
これも会社の人に仕入れて売ってもらって、
ひとつずつ2人でラッピングしました。
うまくいかなくて、途中ケンカしてわーわー言いながらやったっけ。
「ありがとう!」
「ありがとうございました!」
一言では言い表せない感謝の気持ちでイッパイです。
本当に今日は来てくれてありがとう!!
来てくれたみんなのおかげで、一生の思い出になる結婚式ができました!
[PR]
by rikochun | 2007-01-21 17:00 | 結婚
<< 結婚式 ~最後に~ 結婚式 ~余興~ >>